naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

優勝者の勝率~野球と相撲

28日(土)、ジャイアンツがレギュラーシーズンの最終戦を終えた。

 

5年ぶりの優勝、誠にめでたい。

 

ところで、今季のジャイアンツの成績だが、77勝64敗2引分。

 

勝率は、.546である。

 

パ・リーグを制したライオンズを見ると、80勝62敗1引分で、勝率は、.563。

 

77勝、80勝と言うと、相当勝った感じがあるが、勝率は6割に満たない。

 

6割に満たない勝率でも優勝できる、と思った時、相撲はそうじゃないよな、と思い至った。

 

14勝1敗の優勝なら、.933。

 

13勝2敗の優勝なら、.867。

 

今場所はちょっと優勝ラインが下がりましたねえ、と言われる12勝3敗でも、8割ちょうどだ。

 

ジャイアンツ、ライオンズの勝率は、思ってみれば、相撲であれば優勝どころか2ケタに届かない9勝6敗(6割ちょうど)以下なのだ。

 

8勝7敗、ぎりぎり勝ち越しが、.533。

 

つまり、プロ野球の場合は、年間143試合を戦う中で、相撲で言えばぎりぎり勝ち越しプラスαくらいのところで優勝を勝ち取る、ということになる。

(歴代の優勝チームには、もっと高勝率のチームもあるだろうが、今季に関しては)

 

思えば、打率というものも、かなりの好打者であっても、3割が一つのライン。7割は失敗するわけだ。日本のプロ野球においては、4割バッターがいまだ現れていない。あのイチローですら達成できなかった。

 

優勝にせよ、打率にせよ、野球というのは、そういう確率ラインのもとで戦っているのだ、と改めて思った。

 

ちなみに、同じ野球でも、リーグ戦でなくトーナメント方式の高校野球になると、話は全然違う。

 

優勝チームの勝率は、常に「1.000」だ。全勝でなければ優勝できない。

 

   さだまさし「甲子園」から

      3000幾つの参加チームの中で
      たったの一度も負けないチームはひとつだけ
      でも多分君は知ってる
      敗れて消えたチームも
      負けた回数はたったの一度だけだって事をね