naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

第1回 YYA Music Concert

9月28日(土)は、午後、夜と、演奏会をハシゴした。

 

まず、午後の部。

 

●第1回 YYA Music Concert

日 時 2019年9月28日(土) 12:30開場 13:00開演
会 場 浦安音楽ホール ハーモニーホール
曲目・演奏者
    ドビュッシー アルトサクソフォンとオーケストラの為のラプソディ
    ミヨー スカラムーシュ
       サクソフォン 小野寺 陸
       ピアノ 鳥居大輔
    ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調「月光」
    シューベルト さすらい人幻想曲
    [アンコール] ショパン ノクターン第20番嬰ハ短調(遺作)
           ショパン エチュード作品10-12「革命」
           ショパン エチュード作品25-12「大洋」
       ピアノ 鳥居大輔
    ショパン ワルツ作品69-2
       ダンサー 藤﨑英恵 百瀬雅浩
       ピアノ 高橋容子
    ショパン ピアノ協奏曲第1番ホ短調第2楽章
       ダンサー 堀 浩子 藤﨑英恵 豊浦亜希子
       サクソフォン 小野寺 陸
       ピアノ 高橋容子
    ショパン ワルツ作品42
       ダンサー 堀 浩子 百瀬雅浩
       ピアノ 鳥居大輔
    ショパン エチュード作品25-4
       ダンサー 豊浦亜希子
       ピアノ 鳥居大輔
    エルガー 「威風堂々」第1番
       ダンサー 堀 浩子 藤﨑英恵 豊浦亜希子 百瀬雅浩
       サクソフォン 小野寺 陸 木下祐菜
       ピアノ 鳥居大輔

 

今年2月に発足した音楽法人「若手芸術家を育てる会」が主催する演奏会である。

   ※若手芸術家を育てる会Webサイト
       http://yy-a.or.jp/

 

演奏会のフライヤー。

f:id:naokichivla:20191003222803j:plain

f:id:naokichivla:20191003222819j:plain

 

こちらは、プログラム冊子。

f:id:naokichivla:20191003222850j:plain

f:id:naokichivla:20191003222909j:plain

 

この音楽法人の企画アドバイザーを務めるのが、ピアニストの鳥居大輔氏だが、鳥居氏は、私が前に勤務していた会社の同僚のピアノの先生であり、過去2回演奏会を聴いている。

 

その同僚からの案内で、今回足を運んだ次第。同僚は、受付とフィナーレの花束係を務めていた。

 

   鳥居大輔ピアノリサイタル
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/62617798
   ヌーベルバーグ2016 PART1
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/65321813

 

全自由席。F列3番に座った。

 

f:id:naokichivla:20191003222958j:plain

 

開演に先立ち、代表理事の高橋容子氏の挨拶があった。

 

演奏会は3部構成で、まず第1部は、小野寺陸氏のサクソフォンの演奏。ピアノ伴奏は鳥居氏。

 

そして、第2部が、鳥居氏のソロ演奏。個人的には、このコーナーに一番関心がある。

 

最初のベートーヴェンは、1楽章のテンポが私の好みからすると少し遅い気がした。幻想曲風ソナタであれば、もう少し流れた方が望ましかった。

 

3楽章は、とても豪快。左手の打鍵が大変力強い。

 

次のシューベルトも、全曲にわたって力演だった。演奏とは関係ないことだが、この曲はどうして幻想曲と称されるのだろうか。形式としてはピアノ・ソナタだと思うのだが。

 

アンコールが3曲。

 

cis-mollのノクターンがしっとり演奏された後、作品10と25のエチュードの、それぞれ最後の曲が、アタッカの形で演奏された。同じc-mollなので、そういうつなげ方もありかもしれない。

 

ここで休憩。

 

ピアノが下手に移動され、第3部は、バレエとなった。

 

ピアノは、高橋代表理事と鳥居氏で分担。

曲によりサクソフォンも加わった。

 

最後のエルガーは、全員によるフィナーレ。サクソフォンもテナーとソプラノの2本になった。

 

多彩な内容が楽しめる演奏会だった。