naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

アンサンブル練習日誌~ケーゲルシュタット2回目の合わせ

今日15日(日)は、10:00~12:00、浦安音楽ホールのスタジオCで、アンサンブル練習。

 

来月、1月4日(土)の、浦安シティオーケストラニューイヤー室内楽コンサートに向けて、モーツァルトのケーゲルシュタット・トリオ、2回目の合わせである。

 

前回、1日(日)の練習、スタジオDのピアノはアップライトだっだが、今日のスタジオCはグランドピアノ。

 

ピアノのNさん、クラリネットのN、定刻にメンバーが揃い、さっそく、演奏予定の1楽章、3楽章を練習した。

 

f:id:naokichivla:20191215170844j:plain

 

前回は譜読み程度にとどまったが、今回は、各楽章、一度通した後、ダイナミックやテンポについて話し合った。

 

ダイナミックは、何しろモーツァルトのことなので、fとpが控えめに書かれているだけ。曲の流れの中で、どう運んでいくか、意見交換しながら音を出し、方向を定めていった。

 

テンポについても、これも曲の流れのポイントポイントで、多少ゆるめるなどの方法を決めた。

 

これはオケ曲でも一緒だが、練習を進めるにつれて、ゴールが遠いことがわかってくる。

 

このトリオも、前回見えなかったことが見えてくる中、本番演奏への道のりが、まだまだ遠いことを実感した。

 

3人でのアンサンブルについてもそうだし、トリオの一構成員としても、まだまだちゃんと弾けていない。

 

正味演奏時間15分ほどであるにも拘わらず、2時間はあっという間だった。ほんとに時間が足りなかった。

 

残る事前練習は、21日(土)。時間は3時間。後は、本番当日のステージリハーサルだけだ。

 

アンサンブルとしては、次回、どこまで深めることができるか。個人としては、以後、年末年始、どれだけさらってレベルアップできるか。

 

最近は室内楽の機会があまりなかったが、良い経験の時間が過ごせている。

 

こちらからの誘いに快く応じて下さった、メンバーお二人のおかげである。感謝している。

 

※練習往復に聴いた音楽

    さいたまんぞう 生存証明 さいたまんぞう全曲集

    つボイノリオ ジョーズ -ヘタ-

    モーツァルト ケーゲルシュタット・トリオ

       レヴァイン、ライスター、クリスト

    ベートーヴェン 交響曲第7番

       バーンスタインウィーン・フィル