naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

近所の飲食店の話題2つ

自宅近所の飲食店の、最近の話題2つ。

 

2月末に、行きつけの寿司屋、Uが閉店した。大変、ショックであり残念なことだ。

 

Uは、この地で48年営業してきたとのこと。1972年からということだろうか。私が、今のマンションに居を構えたのが、1985年10月で、35年目になるが、そのずっと前からあったわけだ。

 

出前を取ることもあったし、ランチ時、夕食時に、店に行くこともあった。

 

ボリューム満点のランチもよかったし、寿司以外にも豊富なメニューが揃っていて、本当に美味しく、良い店だった。

 

2月の初めに、店の前を通った時に、2月末をもって閉店する旨の張り紙があるのに気づいた。

 

いつ行っても混んでいる人気店が何故? と驚きつつ、ネット情報にあたってみたところ、厨房を預かる方の体調不良に発する後継者難が理由のようだ。

 

閉店までに、せめてもう1回行って、おかみさんに挨拶したいと思ったのだが、バタバタしていて、その機を逸してしまった。

 

最終日、2月29日(土)の昼前に、店の前を車で通る機会があったが、ランチタイムを前に、多くの人が店頭にたむろしていた。

 

行きつけの良い店が閉まってしまうのは、誠に残念なことだ。

最近、これほど残念だったことはない。

 

2つ目の話題は、そのUからほど近いところにある、レストランE。

 

ここも、古くからある行きつけの店である。

 

マンションの知人とも行ったことがあるし、前の会社の集合社宅が近くにあり、もうだいぶ昔になるが、そこに住む当時の職場の仲間と行ったこともあった。

 

この店の最近の話題は、何と言っても、テレビ東京のドラマ、「孤独のグルメ」で取り上げられたことだ。

 

放映されるや、店の前には、それまで見ることがなかった行列が、毎日絶えないようになった。また、それまでの通常メニューが取りやめられ、提供される料理の種類が限られた。多忙になったからか、私のマンションの掲示板に、従業員募集の張り紙が登場したこともある。

 

そんなことで、常連客でありながら、しばらくの間は店にもなかなか行けなかった時期がある。

 

だいぶ経って、少し落ち着いてきたようなので、やっと食べに行けるようになった。

 

昨4日(水)も、夕食時に妻と出かけたのだが、店頭に待つお客さんを座らせる椅子はいまだ置いてあったし、メニューも、記憶にある昔のものには戻っていない。

 

放映から2年くらいは経つはずだが、テレビの影響力というのは、すごいものだ。

 

店内の奥に、松重豊久住昌之各氏のサインや写真が飾られている。

 

昨日食べたもの。ヒレステーキ、生鮭のフライ、変わらぬ美味しさであった。

f:id:naokichivla:20200304194911j:plain

f:id:naokichivla:20200304200534j:plain

f:id:naokichivla:20200304200522j:plain

 

町内に食べに出かける楽しみが一つなくなってしまったが、厨房に親子二代のシェフが働いているEには、まだまだ末永く営業してもらえると期待している。