naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

父句集 朝日新聞千葉地方版「俳壇」掲載句 追加分

朝日新聞千葉地方版「俳壇」に掲載された、父の俳句を、カテゴリー「父の俳句」に、年代順に紹介した。2012年のことだった。

 

数日前、家の中をかたづけていたら、古い朝日新聞が出てきた。見てみると、父の俳句が載った「俳壇」のページを集めたものだ。8句分ある。8年前にはこれらには気づかなかった。

 

ということで、追加で紹介することにする。

 

選者:河合凱夫

 

1997年9月11日 佳作

 

   桂浜石を拾へば秋の風

 

1997年11月6日 佳作

 

   いつまでも続くリハビリ鳥渡る

 

1998年1月15日 特選

 

   美技続きけり氷上を熱くして

   

   【評】うっとりさせられるほどの、美しい姿態の連動が氷上にくりひろ

      げられている。その演技にこたえるように観衆の興奮も高まって

      ゆく。リズムの強さが、鮮明なイメージを結ぶ一句。「氷」の課題

      に対して「氷上スポーツ」に目をあてた作品は、この一句のみ。そ

      れだけに印象に残った。

 

1998年1月29日 佳作

 

   みがかれし空に大寒はりつきぬ

 

1998年7月4日 佳作

 

   移されて掌に冷たかり雨蛙

 

選者:能村研三

  

2001年6月20日 佳作

 

   乱れなき地球の自転星涼し

 

2002年6月12日 佳作

 

         ぼうとくさつきやみ

   遺伝子をいぢる冒涜五月闇

 

2002年6月26日 佳作

 

   繰越しの余生となりぬ更衣

 

 

父がいつも句作をしていたデスクには、桂浜から拾ってきた石が今でも置かれている。

 

それぞれの句、どういう思いで詠んだものなのか、父に聞いてみたい気持ちになるが、それはもはやかなわない。

 

 

※「父の俳句」カテゴリーの過去記事

   父の俳句
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/63131212

   父句集 朝日新聞千葉地方版「俳壇」掲載句 1992年~1994年
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/63131241

   父句集 朝日新聞千葉地方版「俳壇」掲載句 1995年~1997年
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/63131846

   父句集 朝日新聞千葉地方版「俳壇」掲載句 1998年~1999年
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/63157691

   父句集 朝日新聞千葉地方版「俳壇」掲載句 2000年~2001年
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/63157797

   父句集 朝日新聞千葉地方版「俳壇」掲載句 2002年~2003年
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/63171335

   父句集 朝日新聞千葉地方版「俳壇」掲載句 2004年~2006年
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/63171356