naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

オケ練日誌~久しぶりの美浜中学校武道場

今日1日(日)のオケ練は、美浜中学校武道場での合奏。

今年春の定期演奏会(中止)は降り番だったし、今季、ここでの練習は欠席だったので、私にとっては実に久しぶりだ。昨年12月22日(日)以来となる。

 

昼食は、MONAの先代辺見の新メニュー、牛テールラーメンを食べてみた。

f:id:naokichivla:20201101190642j:plain

 

新浦安駅前、入船の交差点。ここから南方向に歩いて練習に向かうのは今年初めてだ。

f:id:naokichivla:20201101190756j:plain

 

今日から11月。銀杏の樹も色づいてきた。

f:id:naokichivla:20201101190831j:plain

 

美浜公園を抜けると、美浜中学校だ。

f:id:naokichivla:20201101190901j:plain

 

武道場。板張りの2階で練習する。

f:id:naokichivla:20201101191043j:plain

f:id:naokichivla:20201101191057j:plain

 

日 時 : 2020年11月1日(日) 13:30~17:00
場 所 : 美浜中学校武道場
指 導 : トレーナーK先生
内 容 : 合奏
曲 目 : ベートーヴェンチャイコフスキー(1~4楽章)、ショパン
弦人数 : 8・6・2・2・3(ベートーヴェン)、

      9・6・2・2・3(チャイコフスキー)、5・6・2・1・2(ショパン)
弓の毛 : 1本(ベートーヴェン)

 

今週からしばらく、トレーナーのK先生の指導による練習である。K先生とお目にかかるのも久しぶりだ。

 

今回の定期演奏会、唯一のオーケストラ曲、ベートーヴェンの「運命」の第4楽章から。

 

今日は、トップのKさんが欠席のため、ヴィオラは2人。いつもは後ろで表を弾いているため、トップ席に繰り上がって弾くことになった。

 

この「運命」は、例えば刻みをきっちり数通り刻めないなど、なかなか苦心してきた。

今日は、最初からがんばって弾いたが、少しさらって臨んだこともあってか、これまでよりはいくぶんましに弾けて、ちょっと安心した。

 

休憩。管メンバーはこれで終わり。

 

弦メンバーは、チャイコフスキーの弦楽セレナーデ。

 

まず、1楽章から順に、全曲を通して演奏した。

その後、1楽章に戻って返し練習。やはり、1楽章が一番大変だからだろう。

時間をかけて返し練習をした後、3楽章のコーダ、練習記号Dから最後までを練習した。

 

この曲も、毎回の練習で、自分の進歩のなさを感じていたが、今日は「運命」同様、少しましだった。

前で弾いたから気合いが入ったということはない。何しろフルメンバーで3人なのだから、前も後ろもそう変わりはない。

違ったとすれば、隣にトップサイドのIさんがいたことだ。Iさんの音に助けられながら、しっかり弾かねばという気持ちで終始弾いた。そこは、後ろで1人で弾いている時とは違った。

 

再度の休憩の後、ショパンのピアノ・コンチェルトの1楽章。弦楽合奏伴奏版で、有志での演奏。この曲は、ヴィオラはIさんと2人なので、いつもと同じ環境だ。

 

時間の都合でほぼ通したのみで終わった。

 

椅子の消毒をして退出(この武道場に譜面台の備え付けはあるが、基本的に各自持参としている)。

 

最初の「運命」からいつもより気合いを入れて弾いたので、疲れた。

 

美浜中学校のグラウンド。

f:id:naokichivla:20201101192628j:plain

 

新浦安駅へ。夕暮れ時にこの道を歩いて帰るのも久しぶりだ。浦安警察署前。

f:id:naokichivla:20201101192714j:plain

 

入船の交差点。上の2枚目の写真は、この写真右手の階段の上から撮った。

f:id:naokichivla:20201101192752j:plain


※練習往復に聴いた音楽

    ビートルズ 1

    さだまさし 存在理由~レゾン・デートル

    サザンオールスターズ 人気者で行こう

    オフコース We are