naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

見逃せぬ大一番

先月から今月にかけて、競馬界では3週連続で「史上初」が続いた。

 

   10月18日(日) 秋華賞 デアリングタクト(3歳)  無敗牝馬三冠

     25日(日) 菊花賞 コントレイル(3歳)    父子での無敗牡馬三冠

                    (同一年に牡馬牝馬三冠馬誕生も史上初)

   11月1日(日) 天皇賞・秋 アーモンドアイ(5歳) 芝GⅠ8勝目

 

どれか一つだけだってめったに見られないことが、同一年にしかも3週連続。

長く歴史に残る秋競馬となった。

 

けさのスポニチによると、アーモンドアイが、29日(日)のジャパンカップに出走することになった。これが引退レースになるとのこと。

 

これに先立って、デアリングタクト、コントレイルもジャパンカップへの参戦を表明していたので、何と何と、これも史上初、三冠馬3頭が一堂に会するレースとなった。

 

毎年、宝塚記念有馬記念で、「ドリームレース」とよく言われるが、今回のジャパンカップこそ正真正銘のドリームレースと言えるのではないか。

 

これは見逃せないね。

 

三冠馬3頭が雌雄を決する・・・ん? 牡馬1頭、牝馬2頭の対決。適切な表現ではないね。

 

ともかく楽しみ。

 

<追 記>

 

レース結果。

 

   1着 アーモンドアイ

   2着 コントレイル

   3着 デアリングタクト

 

これだけ大騒ぎして、例えば3頭とも4着以下だったら、などと思ったりもしたが、蓋を開ければ3強が表彰台独占。これはすごいな。

 

アーモンドアイが引退レースをGⅠ9勝目で飾った。