naokichiオムニバス

65歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

兼松講堂リニューアル記念コンサート(2004年6月13日)のプログラム

妻の実家から、2004年6月13日(日)の「兼松講堂リニューアル記念コンサート」のプログラムが出てきた。

 

このコンサートは、母校兼松講堂が改修工事を終えたことを記念して開催されたものだ。

 

●兼松講堂リニューアル記念コンサート

日 時 2004年6月13日(日) 15:00開演

会 場 一橋大学兼松講堂

指 揮 尾高忠明

ピアノ 園田高弘

管弦楽 一橋大学管弦楽団(ドヴォルザーク)

    兼松講堂リニューアル記念オーケストラ(ベートーヴェンブラームス)

曲 目 ドヴォルザーク 序曲「謝肉祭」

    ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」

    ブラームス 交響曲第1番ハ短調

 

私は、関係者からの誘いがあり、兼松講堂リニューアル記念オーケストラの一員として、この貴重な演奏会に参加することができた。一生の思い出である。

 

   一発オケの思い出③~「兼松講堂リニューアル記念コンサート」(04年6月)
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/34589780

 

この演奏会には、妻の母が来聴してくれたのだが、その時のプログラムが17年後の今まで実家に残っていたのだった。

 

f:id:naokichivla:20210515110948j:plain

f:id:naokichivla:20210515111005j:plain

 

兼松講堂では、この改修前から著名なアーティストによる演奏会が行われており、そうしたアーティストからのメッセージが掲載されている。

河原泰則氏、渡邊順生氏は、一橋大学のOBである。

(プロの音楽家になったOBとしては、他に山本コウタロー氏、水野良樹氏(いきものがかり)などがいる)

f:id:naokichivla:20210515111705j:plain

f:id:naokichivla:20210515111724j:plain

   ↑ これが兼松講堂

 

あと2ページに、オーケストラのメンバー表が載っている。

兼松講堂リニューアル記念オーケストラは、大部分が国立音楽大学桐朋学園大学東京藝術大学慶應義塾大学早稲田大学の現役学生。

ヴィオラ12人の内、一橋大学関係は僅か2人だった。

そんな貴重な演奏の場に加わることができたことの幸運を改めて思った。