naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

時の流れは止まらない

今日9月20日は、小田(和正)さん74歳の誕生日。


おとといの横浜のステージではお元気そうでよかった。
最後に「また会おうぜ!」と言ってたし。
来年あたり、後期高齢者ツアーを!

 

ところで、小田さん74歳。私は66歳。
8つの年齢差は絶対縮まらないが、止まることのない時の流れの中で、私も来年は67、再来年は68と、1年ずつ歳を重ねてその74歳に近づいていく。8年後だね。


歳を重ねることは、やがて絶対にやってくる死に近づくこと。


死に向けて歳を重ねることは嫌で怖いが、時は絶対止まらない。

 

死んでしまえば歳を重ねることはなくなり、加齢の恐怖も死の恐怖もなくなる。


うーん、パラドキシカルだ。

 

生きている限り死なない。死んでいない限り生きている。

 

これもパラドキシカルだな。

 

とりあえず、今日は元気です。
それでいいんだね。

 

<追 記>

ふと思い出した。

母が亡くなったのが2009年10月。約1年半後、2011年3月11日に東日本大震災

震災からしばらくして、伯母(母の姉)と会った時に、こんな話を聞いた。

「あの地震の時は本当に怖かった。思わず「あー、あやちゃん(母の名前)、こんな思いをしなくてよかったねえ(うらやましい、だったか)」と言ってしまった」。

既に墓の下にいる母には、なるほど大地震の恐怖は感じるべくもなかっただろうが、死んじゃってるわけで、生きて怖い思いをするのとどっちがいいのか・・・。

亡き妹に呼びかけた伯母の着想を面白く思ったものだった。

その伯母も今は亡く、新型コロナウイルスのこの状況を知らない。