naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

1月場所3日目

若の里、今日も貫禄を見せて3連勝。
一方、期待の新入幕嘉風はいいところなく3連敗。早く一つ勝てれば流れも変わるのだろうが。
垣添琴奨菊は、攻防のあるいい相撲。垣添の粘りは讃えていいが、将来が期待される琴奨菊であれば、もっとガチッとつかまえて勝ってほしかった。
安美錦は巧さを見せた。
稀勢の里はまずますだったが、寄る形がいつもよりはよくなかった。
安馬は持ち味を存分に発揮した。ゼニのとれる相撲。

昨日の立役者黒海は、つまらぬ負け。これだから相撲は難しく、また面白いのだが、これでは、昨日の金星はフロックという印象になってしまう。あれだけの相撲がとれたのだから、今日もしっかり勝ってほしかった。そこが、上がっていける人とそうでない人の差なのだろう。単に星勘定の意味だけでなく。

時天空は、前哨戦の上突っ張りに攻めの威力が今ひとつなく、朝赤龍に懐に入られた。懐の深さでもちこたえはしたが、朝赤龍の厳しい攻めに屈した。ちょっとがっかりした相撲。

白鵬は、今日はいい攻めだった。支度部屋リポートでは、本人が攻めの相撲をとりたいと話していたそうだが、そういう意識が出ていた。左四つにはなったが、攻める相撲だったので問題はない。

露鵬が、初日の琴欧州戦同様の鮮やかな投げで琴光喜に圧勝。一蹴したという印象さえある。
琴光喜は、今日は立ち合い負け。自分の形を作れなかった。やはりこの人の場合は立ち合い次第だ。

栃乃花が嬉しい大関戦勝利。魁皇は、腰が痛いのではないか。右上手がとれなくても、小手にまいた形で充分とれる筈だが、土俵際に下がってまわりこむだけの腰がなかった。1勝2敗と苦しいだけでなく、明日以降がますます心配だ。

千代大海は、突っ張りで押し込めず、まともに引いて墓穴を掘った。この人にはよくあるパターンだし、突っ張りの威力が落ちてきている現在では、波乱とは感じられない。

琴欧州は、立ち渋った。先場所負けている相手ということもあるだろうが、それ以上に玉乃島が怪我をして痛々しいテーピングで土俵に上がったことを気にしたようだ。気持ちがやさしいのだろう。
そして立ち合いの変化。右四つに組むこともできなかった。勝つには勝ったが内容的にはまったくいいところがなかった。猛省してほしい一番。

栃東は、下半身の安定が光って3連勝。この人の場合、とりこぼしが時にあるので、気をつけてもらいたい。

朝青龍は、昨日の敗戦の後遺症はなく、動きよく二本差して無難。問題なさそうだ。