naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

人生は何秒?

日本橋三越で父母と昼食の後、東京駅から総武快速で千葉へ。

車中に、首都圏の電車ではおなじみの「日能研」の広告。
「シカクいアタマをマルくする」の、あれです。
中学校の入試問題が書かれたもので、目的の駅に着くまでの時間つぶしには絶好です。

今日見た問題は・・・・

「人生80年とすると、人間は何秒生きることになるでしょう」

というもの。

選択肢。
  ①5,000万秒 ②1億秒 ③5億秒 ④25億秒 ⑤50億秒

書いて計算すればもちろん簡単(電卓ならもっと)ですが、それでは面白くない。
ここは、千葉に着くまで時間もあるし、頭を鍛えるために、暗算で頑張ることにした。

いや、もちろん、2ケタ3ケタのかけ算が暗算でできる訳ではありませんが、これだけ大きい幅がある選択肢なら、丼勘定でやってもどれかに当たるだろうと。

そしてめでたく正解に到達!

④の25億秒が正解でした。

しかし、個人的な感覚とすると、「80年は25億秒しかないのか」という感じですね。

昔、多湖輝先生の「頭の体操」シリーズを夢中になって読んだものだが、その中に書かれていた原理を応用すれば、5つの選択肢の中で④だけが異質だ。規則性を言うならここは10億秒でないといけない。
実際の試験で、計算する時間がなかったら、それを根拠に、ダメもとで④を選ぶ手もあるかもしれない。