naokichiオムニバス

68歳、ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

3月場所千秋楽 その1

十両の珍しい相星決戦は、里山が逆転の肩すかしで豪栄道にたたらを踏ませた。
里山は一足早く来場所は新入幕が決定的。豪栄道も、負けずに来場所は入幕を決める成績をあげてほしいものだ。

鶴竜栃乃花を右四つからの上手ひねりで破って9勝目。惜しくも2ケタはならなかったが、来場所は幕内中位に上がる。期待したい。

7勝7敗の栃乃洋は、土俵際土佐ノ海の逆転の上手投げを食った。惜しくも負け越し。

時津海が、白露山に今日も右四つのうまさをみせた。相手の右下手を切る技能はまったく教科書通り。勝ち越し。

10勝4敗同士、若の里黒海は、若の里が引きの相撲ではあったが、相手との距離をうまくとって11番。

7勝7敗の高見盛と敢闘賞の栃煌山は、栃煌山高見盛のかきまわしにひるまず前に出たのがよかった。
高見盛も、動きの中で右差し左上手に手がかかったが、栃煌山も前に出ながら左を入れてもろ差し、どんどん前に出た。今日もいい相撲だった。
高見盛は、6勝4敗から崩れてまたまた千秋楽での負け越しとなった。
11勝の栃煌山、来場所が楽しみだ。

7勝7敗同士、豊ノ島露鵬は、どちらも今場所を盛り上げてくれた力士だけに、どちらかが負け越さなければならないというのは、本当にしのびない取組だ。
もろ差しねらいの豊ノ島と、右を差したい露鵬の攻め合いとなったが、豊ノ島が右からまともに呼び込む形で肩すかし。つけいった露鵬が西土俵に攻め込むと、豊ノ島は上体が反って大変あぶなかったが、しぶとく残して、今度は左からの肩すかしで決めた。
初の上位挑戦での勝ち越しは見事というしかない。

技能賞の豊真将と7勝7敗の時天空は、三役入れ替え戦
立ち合い時天空はもろ手突きで攻めたが、豊真将は下半身が安定していてまったく動じない。
時天空がたまらず引いたところを、豊真将が突き立てて前に出た。
時天空としては、自分で墓穴を掘った相撲だが、それだけ豊真将の足腰がしっかりしているのと、今場所については前に出る圧力も相当相手に効いているのだろう。
これで、豊真将の新三役は間違いない。来場所が実に楽しみだ。

琴奨菊出島は、過去出島の4勝1敗。
琴奨菊としては、勝てば三役残留の可能性を残す大事な一番。7勝7敗の出島も勝ち越しがかかる。
琴奨菊は、苦手意識あるいは堅さがあったか、いつものように左を差すことができず、途中ではたいたりひいたりする場面もあった。この人らしくない流れだった。
結局出島得意の右四つとなったが、出島もここまでにだいぶ動いて、次の出足がない。
最後は琴奨菊が右四つでも構わずにがぶって寄って決めた。
これで1勝8敗と負け越した後の6連勝。見事なものだ。もう1番誰かに勝てなかったものか。
出島は惜しくも負け越し。午前中に能登で大きい地震があったが、大丈夫だったのだろうか。

琴光喜稀勢の里は、琴光喜としては何とか2ケタに乗せたいという一番。
立ち合い琴光喜が右をのぞかせると、稀勢の里はこれを嫌って突っ張り。
しかし、突いておいて左四つに組むという意図も見えず、脇が空いたところを差し身のいい琴光喜に二本差されて寄られた。
琴光喜はともかくも2ケタ。いつもの極端な後半の大崩れはなかったが、寄せられる期待度からすると、やっと10番というのでは、まだまだ物足りないファンも多かろう。

7勝7敗の魁皇安馬との対戦を制して辛うじて勝ち越し。
互いに左をさして頭を下げ合う格好。
魁皇は落ち着いてじっくり攻めた印象だが、それ以上に、安馬にいつもの動きの鋭さがなかった。
常に魁皇の正面に正対する形だったが、本来の安馬であれば、そこから常に先手先手と打開に動くはず。それが相手の出方を待っているという感じに終始した。
動けば、今場所の魁皇はついていけないはずだったが、そういう相撲をとらなかったのは何故か。
金がからんだという意味での八百長云々は言いたくないが、これに敗れれば負け越しという大関を前にした安馬の今日の相撲に、気力の充実がなかったことは事実だと思う。
最後は魁皇の右からの小手投げ。