naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

入社30年目

マイミクのAnita♪さんが、今年音大を卒業して就職された。おめでとうございます。
それから、ブログ仲間のタコリーナさんは、入社2年目に入られたそうだ。

コリーナさんのパパは、私と同い年だという。
そんな私が、こうして若い女性たちとおしゃべりできるのも、ネット上だからだよなあ、とちょっと前の時代には考えられなかった僥倖(笑)に感謝したりしている。

ところで、私って、入社何年目になるんだ?
もはやこの歳になると、とっさにはわからない。

えーと・・・。
78年(昭和53年)の入社だから、今年、区切りの入社30年目に入ったことになるのだった。
29年前の今ごろは新入社員研修だったんだな。
本社での導入教育の後、1ヶ月の現場研修。
研修中に、キャンディーズが解散コンサートをやったこと、選抜高校野球は、浜松商業が福井商業を破って優勝したこと、よくおぼえている。

新入社員研修の思い出は、以前書いた。
  http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/33502304.html
こんなに長い歳月が流れても、いまだに記憶に鮮烈に残っている。
Anita♪さんも、研修中かな。

今月から新しい職場に移ったが、ここが私にとって、延べ13番目の職場になる。
短い時には、8ヶ月、1年で異動があった。
一番長くいたのは労働組合専従の6年。
30年で13ヶ所。平均2~3年で異動を重ねてきた計算になる。

結果として地方勤務はこれまでなかった。
京橋の本社をスタートに、今もいる品川、千葉、京橋、品川、京橋、仲御徒町(社外に出向)、京橋、品川と動いてきた。総合職なのだが、東京と千葉だけだ。
転居も、浦和の独身寮→千葉の現場宿舎→今住んでいるマンションというだけで今日に至る。

一方、私の場合、職種はコスモポリタンだ。
経理をスタートに、営業企画、法務・株式、労働組合専従、経営企画、支店総務、人事、社外出向(職業紹介)、営業企画、そして今回、支店総務。
同期の事務職の者には、入社以来経理ひとすじ、営業ひとすじ、という者もいる。
そういうキャリアと、自分のような職歴と、どっちがいいのか。
つぶしが聞く、「手に職」というのがないのは事実。ある職種ひとすじの連中をうらやましく感じることもある。
しかしまあ、これは会社が決めて命じてきたことだ。
もう、そう長くは残っていない、会社勤め生活。あれこれ考えずに、駆け抜けていくしかない。
そう思う。