naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

3月場所7日目~大丈夫か?境澤

境澤垣添は、境澤が立ち遅れ。行司が止めてくれて救われたが、手はついていたので、立ち合い成立でも文句は言えないところだ。
2回目の立ち合いも、同じようなタイミングだったが、当たった瞬間に境澤が昏倒。
垣添の右張り手が顔に入り、次に頭と頭がぶつかったことで、膝が崩れた。
境澤は車椅子で退場。膝を傷めたようだが、明日以降が心配だ。

全勝の豊馬将若麒麟との対戦。立ち合い左上手をねらったがとれず、若麒麟の突きに一度は下がったが、左足を前に残して守りの体勢はしっかり。
今場所は攻めに力強さのある豊馬将、そこから攻め返す。まわしにはこだわらずに東に押し出した。

同じく全勝の栃煌山が、まったくぶれないいい相撲。
皇司が立ち合い張ったが、まったくひるまず、いつものように左右からはさみつけながら出る。皇司が引いたこともあり、一方的な相撲になった。右をのぞかせ、左でおっつけながら西へ押し出し。
とにかく相撲が速い。

高見盛が今日もいい相撲。
先手を打ったのは春日王。左を差して右上手をとり、よく前に出た。高見盛は向正面に詰まったが、差した左の返しがきいて、西にまわりこみながら土俵際残すことができた。その後、ちょっと離れての前さばきから、今度は充分な右差しに成功。左上手もとって向正面に寄り、左上手を引きつけての上手投げで決めた。
やはり今場所、差し身がいい。

岩木山の突きを普天王こらえ、もろ差しになって逆襲の寄り。

全敗同士の豊響栃乃洋は、豊響が当たって懸命に押したものの、栃乃洋がこれをこらえて右四つ。左からの上手投げ。
栃乃洋としても、組み止めるなら左四つだろうが、そこに今場所の不調が出ている。

豪栄道玉春日は、似たような身長の力士同士ということもあって、互いに頭を低く下げての前さばき。
攻め合いの中で、豪栄道はいち早く左前まわしに手がかかり、左にまわりながらその左下手からの出し投げで決めた。
今日の豪栄道は器用な相撲だった。

露鵬黒海は、露鵬が立ち合い左を入れると、右からおっつけて黒房下にいっぺんにもっていった。黒海は右上手をとろうとしたが、露鵬の出足がよく、果たせなかった。
今日の露鵬は、前に出る力が強かった。

把瑠都旭天鵬は期待される一番。
立ち合い、旭天鵬はすばやく左上手。把瑠都はもろ差しとなったので、これでは旭天鵬も不利かと思ったが、把瑠都の方がもろ差しになって却って勝手が悪かったようで、攻めがない。旭天鵬は、両上手を引きつけて向正面に寄り、赤房下に寄り切った。
旭天鵬の実力者ぶりが出た相撲。把瑠都は相撲の甘さが出た感じだ。花道を下がりながらニヤニヤ笑っているようではいけない。

平幕もう一人の全勝力士、北勝力に土。立ち合いもろ手突きにいったが、若ノ鵬は、接触した瞬間に左上手をとり、右差し手を返した。
北勝力は右半身でまったく具合が悪い。若ノ鵬は、上手を引きつけて黒房下に寄って出て、正面に寄り切った。
今日の若ノ鵬は、スケールの大きい相撲だった。こういうまともな相撲を磨いていけるといいのだが。

豊ノ島に初日が出ない。雅山の突きをこらえはしたが、そこから相手の懐に飛び込むことができないところに、今場所の不調がある。
雅山の突きに下がり、正面に詰まったところで左から突き落としを見せたが、僅かの差で先に土俵を飛び出した。

琴奨菊朝赤龍も、いい相撲を期待した。
立ち合いすぐに左四つ。琴奨菊が右からおっつけてがぶると、朝赤龍もしぶとく残す。
琴奨菊が上手をとっての再度のがぶりもこらえた朝赤龍だったが、三度目のがぶりに土俵を割った。
期待したよりもやや一方的な内容。琴奨菊らしいがぶりを見たのは、今場所初めてか。

琴光喜が今日もぶざまな相撲。安美錦立ち合い当たってから左に変化、左からおっつけての突き落としにいくと、琴光喜はもろくも赤房下に転がった。
左上手をとっての投げかと思ったくらい、鮮やかに決まったが、まわしをとられてもいない、あの変化にまったくつけいることができないのは重症だ。

琴欧洲琴光喜に負けず劣らず(笑)のぶざまな相撲。頭を下げて当たりはしたが、時天空の突き起こしと右のどわにすぐ上体が起きてしまい、あとは体を開いてのはたきに他愛なく横転。
琴光喜にせよ、琴欧洲にせよ、平幕力士相手に、まったくいいようにとられている。
これで両大関、早くも5敗目。勝ち越しはまず絶望的だろう、どこか悪いのであれば、休場すべきだ。特に琴欧洲は、まったく気力が見られないところに、見ていて怒りさえおぼえる。カラ元気を出せとは言わないが、必死に相撲をとっているというふうに見えないのだ。

大関を破っている鶴竜に、大関総なめの期待が持たれたが、今日の千代大海会心の相撲。
細かい突きで、まっすぐ出た。鶴竜は、しぶとさを出す場面がまったくなかった。
千代大海は、久しぶりに本来の相撲を見せてくれた。これで6勝1敗。カド番脱出はほぼ間違いないだろう。

今場所受けにまわると弱い魁皇安馬の動きについていけるかと懸念していたが、今日の魁皇は動き負けなかった。
安馬は立ち合い鋭く当たって、魁皇ののどのあたりを突き起こしにいったが、魁皇もよく応戦。
今日の魁皇がよかったのは、相手をよく見て、常に相手を自分の正面に置いて相撲をとったことだ。安馬は、動きの中で魁皇の横にまわりたかったと思うが、それを許さなかった。
逆に、動きの中で安馬の右かいなをたぐって体勢を崩しておいて、右から相手の左をひっぱりこんでつかまえると、しゃにむに前に出て押し倒した。
勝つ時は、本当に強い。

今日の朝青龍は、相手をけちらすようないつものスピード感がなかった。低くもぐってくる豪風ということで、ちょっと慎重に構えたか。
豪風は下からしぼって攻め、横綱にまわしをとられまいと必死だったが、そこからさらに攻めるまではいかない。
朝青龍は、相手をよく見ながらじっくり構え、機をみてはたいた。問題なし。

結び、白鵬稀勢の里は、互いに気合いの入った表情ではあったが、仕切りそのものはテンポがずれてかみあわない感じだった。
稀勢の里が一度つっかけ。これは早すぎる。
二度目に立つと、白鵬は右から張ってもろ差しねらい。しかし稀勢の里は左から強烈におっつけてこれを許さない。今日の稀勢の里は、そこから突きで攻め、離れる相撲に転じた。
これは、白鵬としてはやや予想外だったか、受けにまわる格好になった。白鵬も突きはあるので応戦したが、後手にまわった感は否めず、危ない場面が一度ならずあった。
それでも、白鵬は相手をよく見ており、はたき、いなしでかわして、稀勢の里の横にまわろうまわろうという対応。動きの中で稀勢の里の右かいなをたぐり、左前まわしに手がかかると、すぐに左下手出し投げで決めた。
稀勢の里の必死の攻めを白鵬がしのいだ、という一番。いい相撲だったが、白鵬としては内容にやや不満があるだろう。

全勝 朝青龍栃煌山、豊馬将
1敗 白鵬千代大海北勝力高見盛