naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

3月場所9日目~圧倒的な強さ、朝青龍

琴欧洲が休場。腕を傷めていたのだという。見るに堪えない相撲をこれ以上とるべきではない。
カド番の来場所も厳しいだろうが、とにかくケガを治すことだ。
それより、琴光喜は休場しなくていいのか?
同部屋の2大関が同時に休場ということではあまりにみっともない、と師匠が考えたか?

海鵬が、若麒麟の突きをしのいでしのいで、送り引き落としでやっとの思いの初日。

1敗の豊馬将が、垣添相手に、この人らしい相撲。
垣添が突くも、豊馬将は左足を前に出してがっちりと構える。
守るだけでなく攻めが出るのが、今場所の豊馬将のよさだ。下からあてがって前に出て、黒房下に押し出した。

同じく1敗の高見盛も勝ち越し。皇司の右をひっぱりこみ、右を差して、まずは安心できる形。皇司もよく前に出て攻めたが、西土俵で右からすくって残し、その後も右差し手から起こす攻めで、向正面に寄りきった。
体調がいいのだろう。背筋の力を生かした攻めができている。

豊響が、嘉風をいい突きでまっすぐ持っていった。昨日の不戦勝が気分転換になったか。
相撲をとっての今場所初白星。

1敗の栃煌山は、昨日豊馬将の全勝を止めた春日王との対戦。
栃煌山は、立ち合い右を差して、左からおっつけ。しかし、春日王は腰が重いので、栃煌山もいっぺんにもっていけない。
春日王は左を小手に巻き、得意の小手投げにいける体勢。下手に動くと投げを打たれると思ったが、栃煌山は、先にしかけ、左からの出し投げで正面に出した。
栃煌山は、春日王の右下手を徹底して嫌ったのがよかった。
これで、平幕の1敗3力士は、皆いい相撲で勝ち越した。

把瑠都が意外な相撲。黒海が立ち合い低く当たってもろ差しになると、右小手からひねり、左で無双を切った。これで相手の体勢を崩しておいて、右四つに組み、上手をとりながら向正面に寄った。
把瑠都は、こんな小細工をどこでおぼえたんだろう。この人にはあまり感心しないが。

旭天鵬が強かった。立ち合い、右差し左上手充分。豪栄道は、右下手はとったが上手がとれいない。
旭天鵬は、休まず上手を引きつけて、相手を浮かせるようにして青房下に寄り切った。
旭天鵬は、明日朝青龍戦。楽しみだ。

鶴竜が、今日は突きに徹する相撲をとった。東へまっすぐ押し込むと、豊ノ島は何もできずに下がり、負け越し。
それにしても、今場所の豊ノ島は、まったく精彩を欠く。どこか悪いのだろうか。心配だ。

稀勢の里豪風は、序盤、豪風がうまくとった。
今日の稀勢の里は、手順が悪いというか、立ち合い右から張って出たものの、自分有利に組むことがまったくできなかった。左差し手は豪風におっつけられ、押し上げられて二本差されてしまった。
突き押し基本の豪風相手に、この展開は、稀勢の里としてはまったくいただけない。
豪風は、稀勢の里に右上手を与えぬうまさで食い下がったが、そこからの攻め手がなかなかないのも事実。
内掛けで崩しにいったが、これが却って悪く、稀勢の里は両まわしをとって体勢を持ち直し、向正面白房下に寄り切った。
豪風としては、めいっぱいの相撲だったが、稀勢の里相手に組んでの相撲では、ここまでが限界。新三役負け越し。

千代大海が、今日は突けなかった。立ち合いもろ手突きにいこうとしたが、時天空が、下からはさみつけるようにして出たため、千代大海は腕が伸びない。
時天空は、逆にあてがうようにしながら突きで押し込み、まわしをほしがらず、そのまま向正面にもっていった。

魁皇朝赤龍は、魁皇が実に力強い相撲。
立ち合いから思いきって当たり、とにかく前に出よう、という相撲。組みにいくのでなく、突き押しで朝赤龍を西土俵に押し込み、相手に圧力をかけながら、引っ張り込むようにして左四つ。
朝赤龍が右から小手投げにくるところをついていき、切り返しながら向正面に寄り倒した。
がむしゃらに前に出たのがよかった。

琴光喜雅山は、琴光喜が身体をぶつけるようにして当たり、右を差すのが速かった。そしてすぐに内無双
琴光喜本来の相撲ではない。右を差したのなら、左上手をとって寄って出るべきところだ。実際、雅山のまわしは近く、左上手を充分とれるはずだったが、上手をとりにいこうという動きはまったくなく、相手の右かいなをつかむようにしており、最初から無双ねらいだったように見えた。
勝ち方としては姑息な感はあるが、琴光喜としては、勝てるなら何でもというところか。とにかく3勝目。

朝青龍安馬は、過去朝青龍の11勝1敗で、横綱の10連勝中。安馬の1勝も、朝青龍がひじを傷めて終盤連敗を重ねた中でのこと。結局、万全な状態の横綱には、一度も勝っていない。
だが、そうは言っても、安馬だったら何かやってくれるのではないか、という期待をもって見たくなるのが、安馬という力士の魅力だ。
しかし結果は、今場所も完敗。朝青龍の牙城を崩すことはできなかった。
安馬は、いつものように、突き刺さるように鋭く当たったが、朝青龍にはまったくこたえない。
朝青龍は、少し突いてあっという間に左差し。安馬が右からまきかえにくるところを、鋭い出足で東にいっぺんにもっていって押し倒し。
圧倒的な強さだった。負けそうにない。このまま千秋楽まで走りそうだ。いつもそうだが、勝手知った大関戦になれば、ますます安定感が出てくる。琴欧洲が休場した分、好調の平幕をぶつけた方が、まだ波乱の期待が持てるというものだ。

相撲内容が今ひとつの感ある白鵬は、琴奨菊との対戦。
ちょっと地力がある相手だと、簡単に勝負をつけられずに熱戦となるところに、横綱としては物足りなさがあり、琴奨菊もひとすじなわではいかない可能性が高いかと見ていた。
しかし、結果は白鵬の一方的な完勝。
白鵬の立ち合いの踏み込みが実によかった。当たってすぐ左を差し、右も入れてもろ差し。
左四つの琴奨菊が相手なので、左の方が差しやすいと踏んだのだろう。正解だった。
休むことなく白房下へ鋭い出足で寄り切った。
今日の白鵬は、今場所一番の相撲だった。今日に関しては、両横綱、甲乙つけ難い内容。

全勝 朝青龍
1敗 白鵬高見盛栃煌山、豊馬将

白鵬が、今日のようないい相撲を取り戻してくれば、千秋楽に向けて期待は持てる。そこに平幕3力士が誰かからんでくれると、非常に面白い優勝争いになりそうだ。