naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

豆腐、キャベツ・・・

イメージ 1

今、お邪魔している市原市楽友協会オーケストラの練習でのこと。

展覧会の絵」の第2曲「古城」。
8分の6、シチリアーノのリズムの曲だ(画像。クリックしてご覧下さい)。

指揮のY先生が、チェロの「タータ、タータ」のリズム(画像では24番の3小節前)のニュアンスを説明するのに、
   「とーふ、とーふ、とーふ、とーふ・・・」
という感じで、と言われた。

さらに、その後に出てくる、24番からのファースト・ヴァイオリンのメロディについても、
   「とーふ、きゃ~べつ、とーふ、きゃ~べつ・・・」
という感じで、とも言われた。

これ、この曲を練習する時、ほとんど毎回おっしゃるのだ。

その結果。

本番に向けて、ウォークマンで「展覧会の絵」を聴いていて、「古城」になると、ついつい頭の中で、
   「とーふ、とーふ、とーふ、とーふ・・・」
   「とーふ、きゃ~べつ、とーふ、きゃ~べつ・・・」
と、歌詞がついてしまう(笑)。

これはちょっと困ったことだ。

・・・まあ、それはそれとして。

私なら、せっかく「キャベツ」を使うのであれば、
   「ロール、キャ~ベツ、ロール、キャ~ベツ」
にするな。