naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

9月場所11日目~白鵬単独トップ

NHKの放送は、解説が尾車親方、実況が吉田アナだったが、放送席が映った時、まるで兄弟のようによく似た丸顔の二人が並んでいるのに、妻が大受け。確かによく似ている。
お互い顔を見ながらしゃべっていて、本人たちはどう思っているのだろうか。

春日王千代白鵬は、春日王が左をついているものの、右の手つきが不充分ということでのやり直しが続いた。何度目で立ったかわからないくらいだ。
今場所、「立ち合い正常化」問題の犠牲者の一人として、春日王にはいささか同情してきたところがあるが、今日はさすがにちょっとどうかとも思った。
既に場所終盤にきている中、これだけ何度もやり直させられていながら、不充分と指摘されている右手を、もう少しちゃんとつこうという努力の姿勢が見られてしかるべきだ。
もう負けは混んでしまっているのだから、しっかり右もついて立って、それが従来の自分の呼吸の立ち合いでないために、負けたとしても、来場所に向けての研究になるものとして、やってみることは考えられないだろうか。

グルジア同士、黒海栃ノ心は、黒海が左四つに組み勝ち、相手に上手を与えず、さすがに一日の長と思ったが、栃ノ心は右をまきかえてもろ差しとなり、引きつけて寄って逆転。
やはり栃ノ心という力士はいいものを持っている。

旭天鵬時天空、長身同士の対戦は、右四つに渡り合っての力相撲となったが、旭天鵬が寄っておいての上手出し投げで決めた。

琴奨菊安美錦は、安美錦がうまく二本差して、東へ寄った。琴奨菊は何もできず。
琴奨菊は脇が甘かったのが敗因。琴奨菊がちょっと伸び悩んでいる。三役に定着してほしい人だが、残念だ。

稀勢の里が、今日は上手をとるのが速く、朝赤龍に粘るひまを与えず、一方的に寄った。今日の相撲はよかった。

関脇同士、安馬豊ノ島は、優勝に向けて安馬としては負けられない一番。
安馬は両手をまったくつかなかったが、立ち合い成立。いいのか?
安馬は、右に動き気味に上手をとり、豊ノ島のこまたをすくっておびやかしながら左四つ。相手に上手下手とも与えずに有利な形を作っておいて、すぐに上手出し投げ。一方的な相撲になった。

琴欧洲豊響、興味深い初顔の対戦は、大関が貫禄を見せた。琴欧洲は、立ち合い右から張って右差し、左上手も速く、すかさず上手投げ。きれいに決まった。豊響は、押す場面をまったく作れず。

琴光喜が、今場所は終盤に入っても相撲が崩れない。一瞬速く立ち、いい当たりからすぐ右差し。栃乃洋が左をまきかえたが、構わずに右上手をとり、引きつけて出足鋭く西へ寄った。

魁皇千代大海は、千代大海が突き起こしてのそくびおとし。魁皇はもろかった。大関同士の対戦としては、つまらない相撲だった。

結びは、1敗同士の白鵬豪栄道の対戦。白鵬は右から張ったが差せず、豪栄道に右前まわしをとられた。白鵬は、これではうるさいと見たか、ふりはらうように左から突き落とした。豪栄道に何もさせない速い相撲だった。
さすがに白鵬らしい臨機応変な相撲と言えるが、白鵬本人としては、思ったような相撲ではなかったのではないか。

1敗 白鵬
2敗 琴光喜安馬豪栄道

白鵬が単独トップ。琴光喜戦を残してはいるが、優勝に大きく前進したと言える。昨日の安馬戦を制したのが、こうしてみると大きい。