naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

9月場所12日目~豪栄道に気の毒な立ち合い不成立

北太樹玉乃島に左を差されながら、両まわしを与えず、その後ふりほどいて、動きの中でもろ差しとなり、西へ一気に逆転の寄り。

嘉風千代白鵬は、5回の立ち合いやり直しの後、6回目で立った。
1回目、2回目は、嘉風が手を下ろす前に千代白鵬が突っかけており、千代白鵬が悪い。3回目、4回目は、嘉風の手つき不充分で行司が止めた。嘉風が悪い。5回目は、両者片手はついたものの、嘉風が受けられず。
相撲は、嘉風が相手の中に飛び込み、向正面に一気に走った。相撲はよかった。
千代白鵬が土俵を下がる際の礼が不充分として、2回やり直させられた。千代白鵬としては、負けたことより、立ち合いについて面白くない気持ちがあったか。

高見盛は、春日王の右をひっぱりこみ、右をのぞかせて、いい出足で出た。一度膝が入りかけたが、何とか持ちこたえて赤房下へ押し出した。

栃ノ心垣添は、離れた相撲。栃ノ心も突きを交えて応戦。栃ノ心としては、どこかでつかまえたいところだったが、我慢しきれずに引いてしまったのが悪く、向正面に押し出されて、勝ち越しはお預け。

豪風がうまい相撲。普天王にまわしをとられない作戦で、うまく動いてひきおとすと、普天王はあっけなく落ちてしまった。

若の里黒海は、黒海が差されるのを嫌ったようではあるが、突き押しに徹するでもない、はっきりしない相撲。
若の里は相手をよく見て応戦し、最後は黒海が自分で前に手をつく格好になった。

時天空は立ち合い先手。右差し左上手充分の形をすばやく作った。将司も頭をつけてこらえ、右下手を引きつけて寄り返す。時天空は、右下手もとって、将司が左をまきかえにくるところを西へ寄り切った。しかし、時天空の攻めが遅い印象。なかなか力が出ない感じがある。

栃煌山は、立ち合い左をのぞかせての肩すかしで出島を転がした。連敗脱出も、本来の相撲ではない。すっかり自分の相撲を見失ってしまっている。

鶴竜は、過去5戦全敗の安美錦に、立ち合い右への変化を見せたが、安美錦はこれを残して、前に出て押し出した。

稀勢の里がまた情けない負け方。立ち合い、右上手をとるのは速く、青房下へ寄って出ようとしたが、栃乃洋得意の左下手投げを食った。負け越し。
やはり、稀勢の里は、左四つの相撲が下手だ。左下手を切られたのがまずいし、それをとり直すことなく上手一本で寄って出たのももっとまずい。

把瑠都琴奨菊は、琴奨菊が立ち合いもろ差しとなったが、これはどちらかというと把瑠都が引っ張り込んだ感あり。琴奨菊は、把瑠都に両上手をがっちりとられ、抱き込まれてしまった。
琴奨菊はじたばたと腰をふるばかりで、がぶるどころではない。把瑠都は両上手から抜き上げて西へまっすぐつり出した。
琴奨菊は、相手に上手をとらせたのが、とにかくまずかった。

旭天鵬は、朝赤龍の左をひっぱりこんで左四つ。上手も速かった。下手も充分。朝赤龍は相手の上手を切ろうとするが切れない。旭天鵬は、両まわしを引きつけて黒房下へ寄り切った。
相撲のうまい朝赤龍に、力の出る形を作らせない力強い相撲だった。

豊ノ島雅山は、豊ノ島が立ち合いすばやくもろ差し、向正面に寄って出ると、土俵際で雅山が突き落とし。きわどかったが及ばず、軍配は豊ノ島。物言いもつかず。

魁皇豪栄道は、豪栄道にとって気の毒な一番となった。豪栄道は、立ち合い右から左とすばやくもろ差し。前に出ると、魁皇もあきらめたように下がった。しかし、この立ち合いは、魁皇の手つきが不充分で、行司は声を出したものの、放駒審判長が止めた。
2回目の立ち合い、魁皇は、最初のようには相手に入らせず、突き放しておいて相手の左をひっぱりこみ、左四つ。魁皇が前に出ると、豪栄道は苦しまぎれの首投げを見せたが及ばず、魁皇のすくい投げが決まった。
豪栄道としては、自分がちゃんと片手を静止させ、もう一方も一応土俵について立ったにもかかわらず、相手の手つき不充分で止められてしまったのは気の毒だった。せっかく最高の形で進んだ相撲が止められては、二度同じ作戦は通じないと思っただろう。わずかな仕切り直しの時間では、頭が整理できなかっただろうと思う。相手に負けたというよりは、審判に負けたという相撲?
豪栄道は3敗に後退。

琴欧洲安馬は、安馬が俊敏な動き。立ち合い突き起こしておいて、琴欧洲の左をたぐってまわりこむと、琴欧洲はあっけなく土俵を割った。琴欧洲は、相手の動きにまったくついていけず、ふがいない負け方となった。頭を下げすぎたし、相手が突いてくるのはわかっているはずなのだから、長身、長い腕を生かして、安馬以上の突きで起こして組み止めるくらいの気持ちを見せてほしいものだ。

初顔の琴光喜豊響の対戦は、琴光喜大関の貫禄。立ち合い左から張って右を差し、組まれた豊響が仕方なく前に出ようとするところをすかさず肩すかし。

白鵬千代大海は、千代大海が立ち合いからよく突いたが、白鵬はまったく崩れない。白鵬は突き返しておいて、相手の左をひっぱりこみ、千代大海が出てくるところを、左下手投げできれいに決めた。
千代大海もいい相撲をとったと思うが、大関には失礼ながら、力の差が歴然と感じられた一番だった。

1敗 白鵬
2敗 琴光喜安馬
3敗 豪栄道

琴光喜は、千秋楽に白鵬との直接対戦を残す。安馬ともども、2敗の2人が14日目まで星を落とさずに追いかけられるかどうか。