naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

3月場所3日目~朝青龍にちょっと不安が

山本山垣添を向正面に押し出して3連勝。今場所、ここまでのところ、巨体を生かした相撲がとれている。

岩木山もろ差し、栃ノ心両上手の体勢での力相撲。岩木山は、アゴが上がって苦しい格好だったが、最後、右からの下手投げ。よく我慢した。

朝赤龍普天王にうまさをみせた。

若の里が左差し、右から抱えて西へ出ると、どうしたことか、今日の豊真将は何もできずに土俵を割った。

安美錦は、形を作りきれないまま出て、時天空の懐の深さに逆転の下手ひねりを食った。ちょっと今場所の安美錦は、相撲が雑な感じがある。

豪栄道は、低く入ってもろ差しになったが、把瑠都相手には、これはまずいという流れ。
把瑠都は左右からきめて出たので、豪栄道としてはもうだめか、と思ったが、赤房下できれいなうっちゃり。
久しぶりにきれいなうっちゃりを見た。
把瑠都側からすると、寄り方が甘かった。もっとがっちり抱えて身体を密着させなければ。

栃煌山は、立ち合いうまく右をのぞかせ、左からおっつけて、千代大海をいっぺんに西へ持って行った。
千代大海は、突き放すことができなかった。上位戦でも、栃煌山らしい、いい攻めが出ているのは、大したものだ。

琴欧洲は、雅山の突きを、左からのはたきでかわしたが、内容は今一つ。

琴光喜は、立ち合い踏み込みがなく、突き合いになったが、稀勢の里に押し込まれて後手にまわり、その後のはたきに落ちてしまった。
連敗。この人の場合、考え込んでしまいそうだ。明日以降、大丈夫か?

日馬富士旭天鵬は、日馬富士が今日は流れのいい相撲だった。立ち合い突き刺さるように当たって左を差して低く食いつき、右前まわしもとって、旭天鵬に両まわしを与えない。青房下に寄っておいて、左下手投げで決めた。日馬富士らしい相撲。頭から当たれたということは、前歯のケガの痛みもひいてきたのか?

魁皇琴奨菊は、琴奨菊に期待したが、立ち合い魁皇が左差し。左が入れば、本人としても安心感があるのだろう。右からおっつけて、どんどん前に出て、青房下に寄り切った。若手の琴奨菊に、むしろ動き勝った。

白鵬鶴竜は、鶴竜が善戦。今日の白鵬は、立ち合いにすぐ左前まわしをとることができなかった。鶴竜は、立ち合いから突き放し、白鵬を後退させた。しかし、さすがに白鵬も、土俵際まで後退しながらも崩れず、そこから右をのぞかせると、すばやく左上手をとった。この速さは、初日、2日目の立ち合いと同様。そこからは、一気に前に出て問題なし。一方的な相撲にはならなかったが、今日も危なげはなく、強さを感じさせた。

朝青龍北勝力は、朝青龍が立ち合い右前まわしをとって差し、前に出ておいて、左からの突き落とし。一方的な相撲だった。
しかし、時間いっぱいからの塩で、左手で強くまわしをたたく、いつもの動作がなかったし、立ち上がってからも、右腕中心の相撲。
もしかすると、左がかなり痛いのではないだろうか。明日の相撲をよく見たい。