naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

貴重な時間、価値ある時間~mixi「上田知華+KARYOBIN」コミュ第1回オフ会

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

  (写真上から)往年のLPレコード
         持ち寄られた「お宝」の数々
         時間を忘れる内に、窓の外は茜色
         傾く夕陽も名残を惜しむよう




4月29日(水)、mixi「上田知華+KARYOBIN」コミュ、初のオフ会。

 

mixiの中で、20代の頃に没頭した、上田知華+KARYOBINのコミュを見つけ、登録したのがきっかけで、再現ユニット「スーソワール」に参加させていただく機会を得た。

 

   ※上田知華+KARYOBINについての過去記事
       知られざる? ピアノ五重奏ユニット「上田知華+KARYOBIN」のこと
          https://naokichivla.hatenablog.com/entry/55960448

 

昨年夏に、2回練習に参加。いずれも、立川の喫茶店「はるもにあ」で行われた。

 

   ※スーソワール練習についての過去記事
       新しいアンサンブルの機会~「上田知華+KARYOBIN」再現ユニット
          https://naokichivla.hatenablog.com/entry/55960663
       上田知華+KARYOBIN再現ユニット練習会 前編
           https://naokichivla.hatenablog.com/entry/56036325 
       上田知華+KARYOBIN再現ユニット練習会 後編
          https://naokichivla.hatenablog.com/entry/56036357
       スーソワール練習日誌~演奏曲決定
          https://naokichivla.hatenablog.com/entry/56249798

 

そして今回、コミュニティとして、初めてのオフ会が開催されたのだ。
演奏をされないメンバーも集まって、上田知華+KARYOBINについて語り合い、併せて、スーソワールの演奏もご披露しよう、という企画。

 

会場は、今回も「はるもにあ」。
忘れられない酷暑の中の練習から8ヶ月。久々の立川だ。

 

参加者は全部で10人。

 

  天の川豊さん(はるばる福島から前泊されての参加!)
  じんちゃん in HINOさん
  は☆なさん
  きーやんさん
  periさん(チェロを持ってこられたのに、とうとう弾いて下さらなかった・・・)

 

  スーソワール
    ミネさん     ピアノ、ヴォーカル
    べんしまさん   ファースト・ヴァイオリン
    Sさん      セカンド・ヴァイオリン
    naokichi ヴィオラ
    ワーデルさん   チェロ

 

  女性は、periさんとミネさんの2人。女性アーティストだから、やっぱりこうなるのかな?

 

オフ会は13:00~18:00だが、スーソワールのメンバーは、リハーサルで11:00集合。

 

前泊の天の川さんも来られた。リハの途中でperiさんも。

 

昨夏から我々が練習している楽譜は、83年に出版されたものを、天の川さんが持っておられて提供して下さったものだ。

 

以下の12曲。6枚のオリジナルアルバムから2曲ずつ。

 

  BGM
  メヌエット
  ステンドグラス
  ひとり季節にとり残されて
  パープルモンスーン
  さよならレイニー・ステーション
  (Why Don’t You) Kiss Me?
  Lonely Weekend
  秋色化粧
  あなたへのフライト
  スクール
  オールドフレンド

 

8ヶ月ぶりの合わせである。リハは、以下の順番で。

 

  BGM
  メヌエット
  ステンドグラス
  パープルモンスーン
  さよならレイニー・ステーション
  (Why Don’t You) Kiss Me? →途中で挫折。断念。
  スクール
  オールドフレンド
  Lonely Weekend
  秋色化粧 →これも途中で挫折。断念。
  メヌエット
  BGM
  パープルモンスーン

 

  「ひとり季節・・・」と「あなたへのフライト」には手をつけず。

 

そうこうする内に13:00となり、演奏以外のメンバーも順次到着された。

 

ミネさんが、チャリで買い出しに行って下さった食べ物を並べて、いよいよオフ会の開始。

 

順次、自己紹介、上田知華+KARYOBINとの出会いなど。

 

それぞれ持ち寄った、「お宝」をテーブルに並べる。
LPレコード、パンフレット、コンサートチケットの半券、雑誌や新聞の記事・・・。

 

初期のシングル盤(EPレコード)なんかも、初めてみた。

 

よく持ってるなあ、みんな。うーん、マニアだ。

 

私もね、さがせば多少はあるはずなのだが、今回のオフ会には発掘作業が間に合わなかった。
とりあえず、天の川さんの手元に欠けているという、4枚目のLPと、CD9タイトルは持参したけど。

 

お宝をネタに、ラジカセで往年のライブ音源などをBGMにしながら、あれこれの話に花が咲く。

 

「パープル・モンスーンは、扇風機のコマーシャルソングだった」とか、私の知らない話も聞けて、へぇ~。

 

こういう集まりって、何か、「自慢を競う」気持ちになっちゃうね(笑)。私は、こんな経験もしてるんだ、とか。

 

当然、どのアルバムが好きか、なんて話にもなったが、人によって好みがそれぞれで、面白かったなあ。

 

話しててわかったことだが、今回のメンバーは昭和30年代後半生まれの方が多く、ひょっとしたら、私が最年長? みたいだった。
あ、私、上田知華と同世代です。彼女が2つ年下。

 

歓談の合間に、ちょっと別の音楽も合わせて遊びましょう、ということで、ミネさんが持ってこられた楽譜をやってみる。

 

エルガーの「愛の挨拶」、クライスラーの「愛の悲しみ」を、ミネさんのピアノ、Sさんのヴァイオリン、私のヴィオラで。

 

その後、BGM音源は、今井美樹など、上田知華の提供楽曲も。

 

そして、いよいよ、スーソワールの演奏タイム!
これまでは、内輪の合わせだったが、他の人にお聴かせするのは初めてだ。

 

演奏されない皆さんも、スーソワールに合わせて歌って下さった。10人一体の、すばらしい時間!

 

  パープルモンスーン
  さよならレイニー・ステーション
  Lonely Weekend
  スクール
  オールドフレンド
  BGM
  メヌエット
  ステンドグラス
  オールドフレンド
  (Why Don’t You) Kiss Me?
    「玉砕するところを皆さんにお見せしましょう」ということでやったが、通った!
    以後、調子に乗って、リハで挫折もしくはやらなかった曲まで(笑)
  秋色化粧
  あなたへのフライト
  パープルモンスーン
  メヌエット
  オールドフレンド
  スクール
  さよならレイニー・ステーション

 

  結局、とうとうやらなかったのは、「ひとり季節・・・」1曲。

 

時間も迫ってきたので、かたづけをしながら再度歓談。

 

あっという間の5時間。
楽しかったなあ。

 

本当に、「貴重な時間」、「価値ある時間」というに尽きる。

 

昨夏の合わせの時は、上田知華役はミネさんの他に2人いて、曲によって、ヴォーカルとピアノを分業していたのだが、今回のオフ会は、その2人が参加できなかったため、ミネさんが、全部の曲を弾いて歌うという、八面六臂の活躍だった。すごかった!
大変でしたねえ、ミネさん。お疲れさまでした。

 

それから、セカンドのSさん。まだ23歳という彼は、今回の参加者の中では、唯一、コミュメンバーでない。
日頃は吉祥寺のオケで弾いておられるそうだが、今回セカンドが欠員ということで、ワーデルさんが声をかけて参加していただいた。
すばらしい演奏をして下さったし、また、歳の離れた人たちの中で、一緒にうちとけて過ごして下さったのが嬉しかった。
Sさん、ありがとう。

 

「はるもにあ」を出て、立川駅に向かう。

 

駅が近づいたところで、ミネさんが、「1時間だけカラオケ行こうよ」とおっしゃる。

 

明日、会社だけど、1時間だったらいいか、とご一緒することにした。

 

ミネさん、べんしまさん、periさん、Sさんと5人で、駅の近くのカラオケボックスへ。

 

とりあえず、上田知華縛りね、と始めたが、そう何曲もあるわけではない。

 

やがて、他アーティストの歌へ。

 

Sさんのミスチル、べんしまさんとミネさんのマッキー(槇原敬之)、periさんのユーミン。ミネさんは、上田知華の提供曲、ともさかりえの「泣いちゃいそうよ」も熱唱。この曲、知らなかった。

 

私も、ミネさんの「naokichiさんに小田(和正)さんの曲、歌ってもらいたいんだよね」に乗せられて、過去カラオケでは歌ったことがない「愛を止めないで」を歌ってしまったぞ。

 

最後は、今井美樹の「PIECE OF MY WISH」(これも上田知華の提供曲)を全員で歌って、ぴたり1時間で締めました。

 

それにしても、オフ会の会費、1,400円、このカラオケが600円。
計2,000円は、あまりにもリーズナブル。いいんだろーか。

 

立川駅に入ると、千葉行きの特急「あずさ」が間もなく来るではないですか。
これはラッキー!
千葉まで1時間ちょっと。効率よく帰宅できた。

 

歴史的なオフ会。
また、第2回、第3回と重ねていければ、と切に願う。

 

聞くところでは、コミュの管理者であるワーデルさんは、KARYOBINのメンバーとのコンタクトがあるそうだ。

 

いずれ、我々のオフ会に参加して、話を聞かせていただいたり、演奏していただいたりできないものか。

 

いや、いっそのこと、その延長で、上田知華さんご本人に接触できないものか。

 

などと、夢のような話も、今回の参加メンバーの間では、持ち上がっているのである。

 

元気で生きていたら、いつかきっと、また新たな感激が得られるかも。

 

※オフ会往復の音楽
    ムソルグスキーラヴェル 展覧会の絵
    ボロディン 交響曲第2番、だったん人の踊り
       ラトル=ベルリン・フィル
    小田和正 個人主義
    小田和正 こころ
    シベリウス 交響曲第2番
       デイヴィス=ロンドン響