naokichiオムニバス

69歳、ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

オケ練日誌~4週間ぶりの練習参加

4週間ぶりに、浦安のオケ練に参加。疲れたが、参加してよかった。

日 時 : 09年10月25日(日) 12:10~13:30
場 所 : 浦安市文化会館大ホール
指 導 : 団内指揮者K氏
内 容 : 合奏
曲 目 : カルメン
弦人数 : 9・11・3・6・3
弓の毛 : 無事
       弓の毛を交換して初使用。どこまで「無事」が続くか? カルディタママさん、お楽しみに。

11:00から、文化会館楽屋で臨時運営委員会。
議題は、来年秋の定期演奏会以降の指揮者について。

各自持参の昼食もあわただしく、舞台セッティングの後、練習開始。

まずは、オケのみの合奏。

今日は、本番指揮者Y先生の練習の予定だったが、急にキャンセルになったとのこと。
団内指揮者K氏の指導での合奏となった。

   ビゼー 歌劇「カルメン
     第1幕への前奏曲
     第2幕への間奏曲
     第3幕への間奏曲
     第4幕への間奏曲
     女工たちの合唱
     シーン
     行進と合唱
     二重唱とフィナーレ

やがて、ホワイエで練習されていた合唱団の皆さんが入ってこられ、合唱合わせ。

日 時 : 09年10月25日(日) 13:30~17:00
場 所 : 浦安市文化会館大ホール
指 導 : 団内指揮者K氏、副指揮者S先生
内 容 : 合唱合わせ
曲 目 : メリー・ウィドウカルメンドン・カルロ、カヴァレリア・ルスティカーナ、
        ローエングリン、魔弾の射手、マクベス
弦人数 : 10・10・5・6・3
弓の毛 : 無事

合唱合わせ、前半は、K氏の指導。客席には、合唱指導の先生方。

   レハール 喜歌劇「メリー・ウィドウ
     イントロダクション
     女 女 女 (七重唱行進曲)
     シャンソン

   ビゼー 歌劇「カルメン
     子供たちの合唱
     女工たちの合唱
     シーン
     行進と合唱
     二重唱とフィナーレ

休憩後、今度はS先生の指導で、第2部の曲目。

   ヴェルディ 歌劇「ドン・カルロ
     第2幕第2部第1景・第2景

   マスカーニ 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」
     天の女王よ、喜びたまえ~讃えましょう

   ワーグナー 歌劇「ローエングリン
     第3幕への前奏曲
     婚礼の合唱

   ウェーバー 歌劇「魔弾の射手」
     狩人の合唱

   ヴェルディ 歌劇「マクベス
     幻影たちの大シェーナ

今日の合唱合わせには、「カルメン」、「ドン・カルロ」、「マクベス」のバンダが付いた。
ヴェルディのバンダは相当な人数。
今日は、舞台下手に用意された椅子に座っての演奏だったが、本番では舞台裏での演奏になるとのこと。

久々の練習参加。かなり疲れたが、出てよかった。

この4週間、まったく楽器をさわっていなかった。
加えて、この間、弓の毛を交換し、弦を張り替え、初めて弾いたこともあり、最初はなかなか調子が出なかった。

また、ブランクがあるので、曲も忘れていて、弾き間違いも多く、ほんとにボロボロ(笑)。

でも・・・。

オケの中に座って弾いていて、何か、ほっとする安心感が。

ここには、いつもの人たちが、いつものようにいる。
ここには、いつもの時間が流れている。

私自身の身の上には、3週間前に大きな変化があったが、ここは、いつもと変わっていない。

「戻れる場所」がここにあり、戻ってくることができた。

幸せだと感じた。

やっぱり、会社に復帰した時より、今日の方が嬉しかったな(爆)。

弾いていて、時々、目の奥が熱くなった。

ちょっと体力的にはきついが、市民演奏会の本番まで、何とかがんばっていきたい、がんばっていけそうだ、そんなふうに思いつつ、文化会館を後にした。

※練習往復に聴いた音楽
    マーラー 交響曲第1番
       小澤征爾=ボストン響(77年、84年録音)
    ブルックナー 交響曲第8番
       ベームウィーン・フィル