naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

スポニチ1面の内容を記録中

毎日、スポニチを買っている。

スポーツ新聞の1面と言えば、昔は野球の記事が多かったように思う。
それが、昨今はサッカーの記事の比重が大きくなってきた。

昨年の暮れ、どの分野の記事が1面になるのか、記録をとってみよう、とふと思った(ヒマだね、私も)。

ちょうど年がかわる区切りの時期だったので、今年の元日から記録をとり始めた。
(1年の集計結果は、大みそかに発表します)

ちなみに、1月の結果。
(1月2日は休刊なので、30日分)

  野球   14日
  相撲   10日
  サッカー 2日 (イエメン戦)
  競馬   2日 (中山金杯、史上最多9頭落馬事故)
  ゴルフ  1日 (石川遼がイベントで雄星と初対面という記事)
  芸能   1日 (間寛平前立腺癌)

野球は、シーズンオフながら、西武の雄星投手の記事が多い。2月に入ってキャンプインしたので、もっと増えるだろう。

2月といえば、今年に関しては冬季オリンピックがあるから、期間中はその記事ばかりになるはずだ。
(その意味では、今年は記録をとるには不向きな面がある)

野球に次ぐのが相撲。普通、場所中であっても相撲が1面になることは、めったになく、これは異例のことだ。
それには言うまでもなく理由があって、貴乃花親方の理事選出馬、そして朝青龍の暴力事件だ。
1月場所の相撲そのものが1面になった日はほとんどない。

1月27日から、昨2月5日まで、実に10日連続で相撲が1面だった。これは結構な記録ではないかと思う。

今日6日のスポニチはこれから買うのでわからないが、おそらくオリックスの小瀬選手の転落死の記事ではないだろうか。