naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

進行方向、向かって左

昨14日(月)、駅前シリーズで小田急新松田駅北口の記事を載せた。

「ここで会社の者と待ち合わせて、近くの工場へ行きます」と書いた。
ところが・・・、という話。

新松田駅で待ち合わせる予定だったのは、本社の私の職場から3人、現地の工場を所管する横浜の事務所から1人の計4人。
事前の打合せでは、「10:30に、進行方向、向かって左の改札で落ち合う。(そっちは)さみしい方の改札である」という話だった。

東京駅からこだまに乗って小田原で下り、小田急線に乗り換えて、新松田駅に着いたのが、10時前。

えーと、左側、左側・・・、と歩いて、記事に載せた北口改札前に出た。

まだ早いから、みんな来てないんだな、と思いながら待った。

その後、小田原からの電車は、次々と来たが、会社の者は一人も出て来ない。

10:25の新宿行きというのがあるので、きっとみんなこれで来るのかな、と思って待った。
その10:25の電車が走り去るのが見え、さあいよいよだ、と思って待ったが、誰も出て来ない。

10:30になっちゃうじゃないか、と思ったその瞬間、はたと気がついた。

「進行方向、向かって左」って、どっちへの進行方向?(笑)

電車って、こっちとあっちと、両方向に走っているものだ、という当たり前の話にやっと気がついたのだった。

自分が小田原から新宿方面行きの電車に乗ってきたから、それしか頭になかったが、逆方向の、新宿から小田原に向かう電車というのも、当然あるわけだ。

さらに、思ってみれば、最初に北口に出た時点で、「これが、さみしい方の改札なのかなあ」と感じたのも事実だったのだ(爆)。
記事に載せた写真の通りで、タクシーはたくさんいるし、バスも次々に発着している。

ここに至って、待ち合わせる予定だった者にあわてて電話したのであった。

・・・案の定、南口でした(汗)。

事前の打合せで得ていた情報に不備があったことも確かだ。「○○方向に向かう電車の進行方向、向かって左」、あるいは端的に「南口で」と言ってくれれば間違わなかった。
しかし、本社の同僚が、私と同じく小田原から来ながら、円滑に南口で他の者と落ち合っていた事実の前には、私自身、うかつだったと言わざるを得ない。

いやあ、思い込みというのはこわいね・・・。

[FedExKinko’s茅場町店発]