naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

帰宅・・・

イメージ 1

イメージ 2

東京駅から、通常ならもちろん1時間もかからないところを、2時間20分かけて、やっと最寄り駅にたどりついた。

家の中が、足の踏み場もない状況と、妻から聞いていたので、今日は駅前のホテルに泊まることにした。

駅を下りて、まずホテルへ。

妻と、感動の再会!

無事でよかった、ほんとに(涙)。

で、一人で家に帰ってきました。

あらららら~・・・。

こりゃひどい。

ぐっちゃぐちゃだあ。

積んであった本、CDが、崩れて散乱。

でも、よく見ると、食器棚の食器は無事。台所の流しの上の茶碗や湯飲みなども、一つも落ちていない。

意外なくらいに、動いていないものもある。

しかし、地震発生の時、私は会社、妻は外出先にいたが、この家の中にいたら、さぞ怖かったことだろう、と、この状況を見てつくづく思う。

ま、かたづけなきゃ。

かたづければいい、んだもんね。

東北地方で、家ごと津波に流されてしまった、などという方々がたくさんおられる。

命を落とした方もたくさんおられる。

そのことを思ったら、家の中が散らかったくらいでどうこう言ってたら、バチが当たるよね。

かたづければいい、それだけなんだから。それ以上の被害なんか何もないんだから。

東北の方々のことを思ったら。

元気を出して、がんばろう!

では、これからホテルに戻ります。