naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

とうとう「リング」全曲盤を入手

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今日18日(水)は、会社を出てから渋谷のタワーレコードへ。

 

カラヤンの「ニーベルングの指環」全曲を買うためだ。

 

「リング」全曲を買おう! という気運が高まりつつある中、ショルティカラヤンか、のチョイスをカラヤンに絞ったまではよかったが、どこへ行っても国内盤が店頭にない。

 

11日(火)に、あちこちに電話して問い合わせた結果として、国内盤は取り寄せての入手も困難とわかり、輸入盤での入手にシフト。

 

渋谷のタワレコへの電話では、全曲をまとめたセットはないが、分売の形であれば、「ラインの黄金」、「ワルキューレ」、「ジークフリート」の3作は店頭在庫があり、「神々の黄昏」も取り寄せ可能との返事だった。

 

一考することにして結論は保留。とりあえず、店頭在庫の3作は取り置いてもらうことにした。

 

14日(土)、決断。

 

再度電話して、「神々の黄昏」の取り寄せを依頼。

 

16日(月)、今週中には入荷する見込みとの連絡があり、安堵していたら、昨17日(火)、入荷したとの連絡。早かった。

 

ということで、今日、行ったのだった。

 

渋谷のタワレコは、会社が東京、家が千葉という位置関係だから、反対方向にあたる。
めったに足を運ぶことはない。

 

久しぶりに行ったが、やはりここの品揃えの豊富さは、すばらしい。

 

同じタワレコでも、クラシックに関して言えば、新宿や秋葉原よりも上だろう。

 

たまにでも、ゆっくり時間がとれる時に来て、あれこれ見てまわりたい店だ。

 

さてさて、いつかは買おう、いつかは聴こうと、それこそ大学の頃から、いや高校の頃から思っていた「リング」全曲盤。

 

30年来、40年来の懸案だったが、やっと実現した。

 

やはり小さくない感慨があるな。

 

同じ今日買った「レコ芸」の特集が、「リング」。

 

ストーリーなど勉強しながら、少しずつ聴いてみよう。楽しみ~。

 

ところで、今度の浦安オケの本番で演奏する「ボエーム」も、勉強のために全曲盤を買うつもりでいた。

 

本当は、セラフィン盤がよかったのだが、見あたらない。

 

銀座山野楽器に移動したが、ここにもない。

 

結局、輸入盤で妥協することにした。

 

ショルティロンドン・フィル盤とコリン・デイヴィス=コヴェント・ガーデン盤の二つで迷って、結局ショルティにしたが、レジで会計をしていて、オペラのオケのデイヴィスの方がよかったかな、とちょっと後悔。

 

手遅れだが、まあ仕方がない。とにかく、本番まで、演奏する部分を聴いて勉強しよう。

 

※関連の過去記事 「カラヤンの「リング」全曲盤を求めて・・・」
     https://naokichivla.hatenablog.com/entry/62235137