naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

【ネタバレご注意】 2011.9.28 小田和正東京ドーム公演<1>~今次ツアー最後、3公演目の参戦

小田(和正)さんのツアー、「どーもどーも その日が来るまで」。

5月28日(土)の三重県営サンアリーナ、9月3日(土)の札幌ドーム公演に続き、今次ツアー最後の参戦となる、東京ドーム公演。

札幌でスタートした5大ドーム公演も、その後、福岡、名古屋、大阪を経て、東京が最終。
ツアーも、来月の神戸、横須賀、静岡、横浜の、4カ所7公演を残すのみとなる。

さて、会社を出て東京ドームへ向かう。
日本橋から東西線飯田橋に出て、そこからJRでひと駅、水道橋へ、というルートにした。

東西線に乗っていると、飯田橋の一つ手前、武道館のある九段下で下りそうになってしまう(笑)。
それにしても、何故、今回のツアーでは武道館を使わなかったんだろう。

三重も、札幌も雨だったが、今回は晴天。よかった。

札幌では、入場してすぐに着席してしまって、グッズを買う余裕がなかったが、今回は最後でもあるので、場外のテントで、パンフレット、Tシャツなどを購入。

18時頃着席。

今回もアリーナ席。今次ツアーでは、三重も札幌も東京も全部アリーナだった。

アリーナ南、C-5ブロック、15列7番、8番。

札幌と違って、アリーナ席の配置図を入口でくれるということはなく、場内に掲示された配置図には、「撮影禁止」の表示が。

まあ、おおまかにいって、札幌ドームと同じような配置、だと思う。

   ↓札幌ドームの配置図
    http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/62525007.html

我々の席は、札幌ドームで言うと、F4ブロックあたりの、ステージから一番遠い先端の、ステージに向かって少し左側だった。

花道には、札幌ほどではないものの、近い位置だったので、小田さんやバンドメンバーを間近に観ることができた。

同じアリーナだが、ステージが見えにくい。
札幌の方が、ステージが高い位置に設置されていたような気がする。座っても立っても、ステージがよく見えたのだが。

あと、音響も、同じドームでも、札幌の方がよかったかな。東京ドームの方が、残響がこもる感じがした。

札幌では、悪天候の影響で、18:00開演のところ、30分遅れての開演となったが、今回は、18:30開演のところ、思ったより押さず、6分遅れでの開演。