naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

それにしても投手と野手とでこの差!~ダルビッシュ、青木相次いで契約合意

ポスティングシステムでのメジャー移籍をめざしていた、ファイターズのダルビッシュ投手と、スワローズの青木選手が、相次いで契約合意した。

今シーズンの両選手の、新天地での活躍が楽しみだ。

が・・・。

相次いで発表されただけに、条件の差がきわだって感じられる。

ダルビッシュは、6年契約で年俸総額が6,000万ドルと伝えられる。単純計算で、年俸1,000万ドル。

一方の青木は、2年契約で、出来高含めて500万ドルらしく、スポニチによると、基本給部分の年俸は150万ドル程度。今季、日本での年俸、3億3,000万円の約3分の1にあたるそうだ。

現在のメジャーリーグで、日本人の投手と野手の評価に差があるとは聞いているが、それにしても、と感じる。

ダルビッシュが、これだけの評価に値する、日本を代表する投手であることに異論はないが、青木にしたって、日本屈指の好打者だ。

既に首位打者を3回、最多安打を2回獲得しているし、ベストナイン、ゴールデン・グラブ賞の常連だ。

その青木が、この程度の評価なのか。

しかも、契約合意に至る過程で、入団テストみたいなことまでされている。

本人は、金の問題ではないというし、プライドを捨ててテストを受けてでも、メジャーに行きたいという気持ちなのであれば、はたがとやかく言うことではないかもしれないとは思うが・・・。

何か気の毒な気がしてしまうよ。

結局、最高入札額の球団だけが交渉権を得る、現行のポスティングシステムが問題なんだろうな。

複数球団と交渉できれば、もっとかけひきの余地も出てくるのだろうが・・・。

ライオンズの中島選手にしても、せっかくヤンキースと交渉しながら、起用方法の部分でおりあわず、残留を決めた。

チーム側に控えの野手程度の構想しかなくても、最高入札額だったら唯一の交渉権を得られるんだものね。

入札額上位3チームくらいと交渉できればいいのに、と思うが。

とにかく、現行制度下で決断した以上、大活躍して、妥当な評価を勝ち得てほしいものだ。

がんばれ! あ、ダルビッシュもね。