naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

5月場所2日目~6大関3連敗3連勝

十両の取組は、東西交互に勝つという珍しい形で推移したが、終わりから2番目で、勢が負けて、珍記録を逃した。惜しかった・・・。

初日は6大関全員が勝ったが、2日目の今日は、日馬富士鶴竜琴欧洲と3人続けて初黒星。

日馬富士は、臥牙丸に食いつけなかった。向正面、日馬富士の足が出るのと、臥牙丸が落ちるのとほぼ同時で、軍配は臥牙丸
差し違えとまでは言わないが、最低、物言いはあっていい相撲だったと思う。

鶴竜は妙義龍にいいところのない相撲で、新大関早くも土。攻めがまったく出ず、防戦一方。この人らしからぬ辛抱もねばりもない相撲はどうしたことか。

前二人が相次いで敗れ、よし、差をつけるチャンス、とは琴欧洲は思わないのか。「俺も負けるんじゃないか」という顔に見えた。
豪栄道のまわりこみ、引き足についていけず。豪栄道の相撲自体も決してよくはなかったが、琴欧洲はさらに悪かった。

琴奨菊がまあまあ無難な相撲で豊真将をがぶって、今日の大関初日。

稀勢の里は、安美錦の攻めの強さに手を焼いた。いい動きとは言えず、土俵に詰まって危なかったが、何とか突き落として逆転。これもほめられた相撲ではない。

把瑠都は、立ち会いやや高かったものの、高安をつかまえて問題なし。把瑠都が6人の中では比較的評価できる内容だった。

初日破れて、初日からの無傷勝ち越しが連続7場所で止まった白鵬。過去負けたことがない阿覧を相手の相撲にしては、勝つには勝ったものの、内容はいいとは言えない。
右を差したものの、上手がとれない。阿覧に先に上手をとられ、すかさず左をまきかえてもろ差しになったので、勝ちは揺るがない格好だったが、その後の寄り身にも余裕がなかった。この相手にここまで必死さが出た取り口には、不安が残る。