naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

ジャイアンツ、やっと借金完済

昨日、交流戦前の最終戦となるスワローズ戦で、ジャイアンツがやっと借金完済。

15勝15敗の五分。最大7あった借金を返して、交流戦に突入する。

現在、首位ドラゴンズとは4ゲーム差の4位。3位のタイガースとは1ゲーム差なので、Aクラスも夢ではないところまできたわけだ。

5月に入ってからのジャイアンツの星取はこうなっている。

○●○○●○△○△△○ 6勝2敗3分

直前のスワローズ2連戦が、1勝1分。その前のカード、対ベイスターズ3連戦が、1勝2分。

引き分け、というのをどうとらえるべきなんだろうか。

この引き分け3試合、例の阿部のあとアウト1つでの痛恨の落球から同点にされたゲームを筆頭に、やはり「勝ちきれなかった」という印象が拭えない。

これ勝ってたら、とうに貯金ができて3位くらいに上がっていたかもしれない。
いかにも惜しいよなあ。

でも、「3つ勝てなかった」と考えるのか、「3つ負けなかった」と考えるのか。
例の、コップ半分のジュースを、「もう半分しかない」と見るか、「まだ半分ある」と見るか、みたいなもんだ。

引き分けの3試合を全部勝っていたら、9勝2敗。そう考えると、いかにも悔しい。
しかし、全部負けていたら、6勝5敗。そう考えると、負けなくてよかった、とも思える。

上記2カード、これを仮に勝ち越した(2勝0敗や2勝1敗ではないけど)、ととらえていいなら、4月22日に、対スワローズ3連戦、3連敗したのを最後に、6カード連続で勝ち越している。

結構大したもんだよね。

セ他球団の5月の成績はこうなっている。

中日      5勝4敗3分
東京ヤクルト 4勝5敗1分
阪神      5勝5敗1分
広島      3勝7敗1分
DeNA    4勝4敗3分

ジャイアンツは6勝2敗3分。

つまり、6つ勝ったチームは他にないし、2つしか負けていないチームも他にない。
(2つしか負けていないチームは、パ・リーグにもない)

チーム状態は上り調子の中、交流戦に入る、とポジティブに考えましょう。

警戒すべきは、ここのところ好調な東北楽天(5連勝中)と千葉ロッテ(4連勝中)か。

さあ、交流戦終了時点で、何位にいるか?