naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

伝説のすた丼屋千葉富士見店でテイクアウト

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

「伝説のすた丼屋」。

とうとう、あの「すた丼」は、千葉県にも進出してきてくれた。

先日、津田沼の店舗で食べる機会があったが、我が千葉市にも店ができたことは、その前から知っていた。

千葉富士見店。

今日30日(土)、妻と千葉駅方面に買物に行った際に、妻の希望でまわり、すた丼とチャーハンをテイクアウトした。

店の外観の写真は撮り忘れてしまったが、店内のポスターなどは撮影した。

すた丼の起源である、国立の店について書かれている。

ここで「先代のオヤジ」と呼ばれているのは、私や大学オケの仲間も顔なじみだった、橋本さんのことだ。

「国立のはずれの小さな小さな店」、知ってるよ。オケ仲間としょっちゅう行ってた。

ポスター下部に写真がある、箪笥。これ、あの国立の店にあったんだっけ。
残念ながら、ちょっと思い出せない。

店内に、「強き男たち」というパンフレットがあったのでもらってきた。

宇梶剛士氏のインタビューが載っているが、中学3年の時に初めてすた丼を食べたとのこと。「オヤジ」にもかわいがってもらったのだそうだ。

宇梶氏は1962年生まれ。彼が中3の年というと、1977年。
これって、私が国立在住の大学4年の時にあたる。
ってことは、あの店で会ってたかもしれないんだな。

※すた丼関連の過去記事 「「スタ丼」今昔物語」
    http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/17456713.html