naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

明日は千葉県知事選

明日17日(日)は、千葉県知事選挙だ。

今回の選挙には、現職と、新人2人の計3人が立候補しているが、ちょっと不思議なことがある。

表を歩いていて見かける選挙ポスターの掲示板には、2人分のポスターしか貼られていない。現職と新人1人。もう1人の新人のポスターがない。

これだけなら、普段の選挙でもあることで、そこまでの組織力がないんだな、と思って終わりなのだが・・・。

この新人候補、選挙公報にも登場しないのだ。

選挙公報を見ると、2人しか載っていない。

そして、もう1人の新人候補については、「○○候補については、選挙公報の掲載申請がなかったため、掲載していません」とある。

どういうことなんだろう?

ポスターを県内全域に貼るだけの組織力がないにせよ、選挙公報に原稿を提出するくらいはできるのではないか、と思うのだが、それさえもしないとなると、有権者としては、その候補者が、県知事になったら何をしたいのか、さっぱりわからない。

どういうつもりで立候補したんだろう、というのが率直な感想だ。
ポスターも選挙公報も使わず、立候補した自分の主張や公約を、どこでどのように有権者に訴えようというんだろうか。

今日の朝日新聞朝刊の選挙記事でも、この候補者については、顔写真も掲載されていない。この記事で得られた情報は、無所属、31歳、シェアハウス経営、横浜市在住というのがすべてだ。

有権者の投票行動には、およそ結びつかない選挙活動ではないかと思われるのだが・・・。

少なくとも私は、3人の候補者を平等に眺めた上で誰に投票するか決めようと思っているのだが、その1人の情報量だけが不足している状況だ。

<追記>
後日、千葉県選挙管理委員会のサイトを見たら、この候補者、選管に対して選挙事務所の届出もしていなかった。
開票の結果、47,559票を獲得している。