naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

11月場所とりあえずの話題

納めの11月場所開幕。

初日の昨日。放送席の北の富士さんが和服なのは、いつものことだが、実況の白崎アナが和服を着ていたのにはぶったまげた。

長年、相撲観てますけど、NHKの実況アナが和服を着ていたって、初めてではなかろうか。

たぶん、放送が始まった時に、何かのコメントはあったのだろうが、私が録画した時間帯の前なので、聞けなかった。

「今日は、北の富士さんの向こうを張って、私も着物を着てみました」とかだろうか?

北の富士さんは、一体どう思ったんだろう、というのが、我が家での一番の関心事。

何だ、こいつは? と思ったか。

案外、「初日だから、あんたも着物着て来なよ」と北の富士さんが言った可能性も?

   <後日追記>
      私の観た限りでは、この場所、北の富士さんは、以後、毎回スーツだった。
      これも珍しいことだが、やっぱり、白崎アナの和服が気に入らなかったか?

それから、これも和服の話題だが、11月場所、これまで毎年の楽しみだったのが、西方の客席に毎日座っている女性。

もう何年になるだろう。西方力士が勝ち名乗りを受ける時に、背後に映る、和服の女性。

イメージとしては、中州のどこかのお店のチーママ、という感じの美人で、15日間、同じ席に毎日その席に座る。基本、和装で、場所中、1回くらい洋服を着てくることがある。
これがまたいいんだ。

この女性のことは、以前から、我が家では話題になっていた。どういう人だろう。やっぱり、どこかのチーママなんだろうか。

おととしあたりから、妻が、一度福岡に相撲を観に行こうと言い始めた。

福岡国際センターに行って、席は大体わかっているのだから、本人のところまで行って、あなたはどこのお店の方ですか、と聞こう、というのだ。

いまだ実現せぬまま、今年も11月場所を迎えた。

で、ですね。

昨日、初日の放送の録画を、さて、今年もいるかな? と観たら。

いないんですよ、彼女。

いや、着物の女性が2人、座っていたが、明らかにここ数年来の、我が家の注目の彼女ではない。

店の後輩が、代理で来た、という感じもある。

まあ、明日以降、また来るかもしれない、などと話しながら、相撲を観続けていたのだが、いたーーーー!

赤房下審判の左後ろ、たまり席のたぶん最前列に、彼女の姿を発見。

えー、そんないい席が取れたんだ。

そして、2日目の今日。

同じ席にいました。

このまま、千秋楽までここに座るのかな。

あ、それから、女性ネタということで、今日2日目の話をついでに。

東赤房下の水桶のところ。力士が水をつけるのが映る時に、非常に私好みの、メガネ女子が座っていた。

おっ、と思って、楽しみに観ていたのだが、しばらくしたら、隣に連れの男がいるのがわかった。

なーんだ(悔)。

(しかし、この記事、相撲の書庫が妥当なのか?)