naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

新しいアンサンブルのお誘い

昨晩、大学オケの先輩のH氏からメールが入った。

年次が7年上の先輩なので、在学中はもとより、卒業後現在まで、ほとんど交流のない方だ。

メールの内容は、アンサンブルの誘いだった。

現役オケのヴィオラセクションの皆さんが、「ヴィオラ・アンサンブル・コンサート」という、ヴィオラだけの演奏会を定期的に行っているのだそうだ。

過去の演奏会のプログラムが添付されていたが、それを見ると、実に20人を下らないメンバーが出演している。

ヴィオラだけのアンサンブル、オリジナル曲は、そう多くないと思うが、この演奏会では、メンバーが編曲した曲を演奏しているそうだ。

宇宙戦艦ヤマトサウンド・オブ・ミュージックマーラーのアダージェット(5番の4楽章)、アンダーソンのそりすべり、いきものがかりメドレー、「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲、ムーンライト・セレナーデ、ボロディンノクターン鉄腕アトムラヴェルボレロとなりのトトロ、愛の挨拶・・・。

ブランデンブルクの6番など、オリジナル曲ももちろんとりあげられている。

今回、現役だけでなく、OB、OGも加わって、アンサンブルを楽しむ場ができないか、との話が持ち上がり、来年の3月にその初回を計画したとの案内だった。

会の名称は、「一橋オケViola弾きの集い」。

英語のタイトルが、「Mercury Viola Players」、略称が「MVP」というのが面白い。

来年3月6日(日)に、第1回の演奏会と懇親会を開催、曲目は、過去に現役の皆さんが演奏会でとりあげた曲を中心に、とのことだ。

日曜日なので、オケ練と重なる可能性大だが、貴重かつ魅力的な集まりであり、できれば参加してみたいと思う。