naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

「47都道府県の一番搾りキャンペーン」、当たりました!

日頃、買って家で飲むビールは、キリンの一番搾りの缶である。

一番搾りでは、缶に貼ってあるシールを集めるキャンペーンを、大体一年中やっている。

今年4月からは、「47都道府県の一番搾りキャンペーン」が展開されてきた。

普通缶に貼ってあるシール1枚が1点、ロング缶だと1.5点。

これを集めて応募するのだ。

12点分一口で応募する、「47都道府県の一番搾り全47本セット」。「東京づくり」や「千葉づくり」など、全都道府県の一番搾り47本が当たる。

6点分一口で応募する、「選べる一番搾り12本セット」。こちらは、AセットからEセットまでの5種類。

イメージ 1


4月から今日まで、いつものように、ひたすら一番搾りを飲み、シールを集めた。

たまたま社内の打合せ室で、職場の者と飲む機会があり、一番搾りの缶がテーブル上にずらりと並んだので、シールを集めている話をしたら、ある女子社員がせっせと剥がして手渡してくれたことがあった。

そういうものも含め、この5ヶ月、かなりの数を応募してきた。

昨19日(金)が最終締切(消印有効)のため、家にあるシールを全部貼ったら、1点分足りない。

最寄り駅に別件の用事があったので、駅のコンビニで1本買い、その場でシールを剥がして貼って、投函して帰った。

そうしたら、玄関のドアに、宅配便の不在票がはさまっている。記載の時刻は、5分前。

ほんの30分程度の外出で間が悪いことだった、と思いつつ見ると、発送人が「キリンビール」となっている。

これはもしかしたら、と、不在票記載のドライバーさんの携帯電話に電話。すぐ持ってきてくれた。

果たして、当選賞品でした。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


最後の応募に向けてシールを貼っていた時、妻が、「そう言えば、あれだけ応募したのに、当たらないね」と言っていたところだった。

最後の投函をして帰ったら、当選賞品が届いていたとは、何というタイミング。

当たったのは、「選べる一番搾り12本セット」のDセット。滋賀、神戸、岡山、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、長崎、大分、宮崎。

この中だと、「福岡づくり」以外は飲んだことがない。順番に楽しみに飲もう。違いがわかるかな。

これから先、また当たるといいなあ。