naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

オケ練日誌~弦分奏で鍛錬

イメージ 1

今日のランチは、ショッパーズプラザのココイチで。海の幸カレー+きのこトッピング、2辛。

日 時 : 2017年4月16日(日) 13:30~17:00
場 所 : 美浜公民館音楽室
指 導 : トレーナーM先生
内 容 : 弦分奏
曲 目 : シベリウス(1・3・2楽章)
弦人数 : 9・6・4・7・4
弓の毛 : 無事

今日の練習は、トレーナーM先生の指導で、弦分奏。久しぶりの美浜公民館だった。

今日はいい天気に加えて、暑いほどの陽気になったが、公民館の音楽室にはエアコンが入らず、扇風機のみ。暑かった~。

オケメンバーについて、嬉しい話が2つ。

浦安ユースオーケストラのコンミスの女生徒さんが、我々の6月の定期演奏会に参加されるとのこと。ファースト・ヴァイオリンで、今日の分奏にも参加。

それから、長年エキストラとしてお世話になってきた、チェロのKさんが、今月から団員になられたとの話。これも大変喜ばしいニュースだ。

さて、分奏は、シベリウスの2番をみていただいた。

1楽章、3楽章、2楽章を、楽章間に休憩をはさみながら練習した。

M先生の指導は容赦ないもので、びしびし鍛えられたという印象。今日参加したメンバーにとっては、レベルアップの機会になったのではないだろうか。特に3楽章。本番テンポで、結構いい感じになったと思うが。

今後、M先生には、5月に合奏をもう1回指導していただく予定になっている。

※練習往復に聴いた音楽
    バルトーク 2台のピアノと打楽器のための協奏曲
       ステファノヴィチ、エマール、トーマス、パーシー=ブーレーズ=ロンドン響
    バルトーク ヴァイオリン協奏曲第1番
       クレーメルブーレーズベルリン・フィル
    バルトーク ヴィオラ協奏曲
       バシュメットブーレーズベルリン・フィル
    バルトーク ピアノ協奏曲第2番
       アンスネスブーレーズベルリン・フィル
    ヴェーベルン パッサカリア
       ブーレーズベルリン・フィル
    ヴェーベルン 弦楽のための5つの楽章
       カラヤンベルリン・フィル
    武満 徹 アステリズム
       高橋悠治小澤征爾トロント
    武満 徹 鳥は星形の庭に降りる
       小澤征爾=ボストン響