naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

オケ練日誌~高弦分奏

先週から、2週続けて、弦トレーナーY先生(N響)の指導による高弦分奏。

先週は、宇奈月オペラの関係で欠席だったので、2週間ぶりの練習参加である。

昨晩、「嵐にしやがれ」で、NHKの食堂と日本テレビの食堂と、どちらのラーメンがおいしいか、というのをやっていた影響で、お昼はラーメンにした。

MONAの花月嵐。

カウンターに座って、南の方角を眺めていたら、浦安警察署が思いのほか近くに見える気がした(黒い窓枠の左の白い建物)。

イメージ 1


日 時 : 2018年9月23日(日) 13:30~17:00
場 所 : Wave101 市民練習室
指 導 : 弦トレーナーY先生
内 容 : 高弦分奏(ヴァイオリン、ヴィオラ)
曲 目 : 第九(2~4楽章)
弦人数 : 7・5・6
弓の毛 : 無事

ベートーヴェン「第九」の2楽章から。

基本となる、付点4分音符-8分音符-4分音符のリズムを練習した。これは、ベト7の1楽章とも共通するリズムだが、3拍子でなく、2拍子のようになってしまいがちだとの指摘。

今回の「第九」では、3楽章で弓を短く持って弾くことを決めているが、今日の練習で、2楽章も同じようにする方向で考えることにした。両端楽章は、普通の持ち方とする。

続いて3楽章。

イメージ 2


休憩をはさんで、4楽章。

3つの楽章について、いつものように得るところの多い練習となった。

今季、Y先生の分奏は、これで終了である。

来週から、諸事情により、3回続けて練習欠席となってしまう。練習中盤の時期に痛いが、その後は、本番まで何とか皆勤の見込み。

※練習往復に聴いた音楽
    モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク、ポストホルン・セレナーデ
       レヴァインウィーン・フィル
    モーツァルト ディヴェルティメントK334
       ウィーン八重奏団
    モーツァルト 協奏交響曲
       ドルイアン、スカーニック=セル=クリーヴランド
    モーツァルト ジュピター
       横島勝人=松本モーツァルト・オーケストラ