naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

新大阪そば~新大阪駅「浪花そば」

少し前に、「駅そば東西食べくらべ100」という本を買って読んでいたら、中華麺を使った駅そばが、新大阪駅構内にある、との情報が目に止まった。

これはいっぺん食べてみたい。

折しも、昨2日(金)、1泊で大阪に出かける機会があったので、立ち寄ってみた。

「浪花そば」と言うその店は、新大阪駅構内の、在来線乗り場、「エキマルシェ新大阪」にある。

今日3日(土)、帰京前の朝食をここで摂るべく、行ってみた。
(昨日、新大阪到着時に、店の場所を確認しておいた)

イメージ 1


通常の、うどん、そばのサンプルが並ぶ中に、「新大阪そば」と称する、中華麺商品4つが見つかった。

イメージ 2


チャーシュー入り、牛肉入り、かしわ入り、野菜かき揚げ、とある。

チャーシュー入りは、ほとんどラーメンみたいなので外し、少し迷った末、一番駅そばっぽい、野菜かき揚げに決めた。

入店。

券売機はなく、レジで前会計。

出てきた、新大阪そば野菜かき揚げがこちら。

イメージ 3


野菜かき揚げの他、揚げ玉(大阪だと「天かす」かな)、小諸そばを思い出させるかまぼこ、そしてゆで卵。

青梗菜が入っているのが面白い。こちらはやはりラーメン、中華の発想なのだろうか。

食べてみて、イメージとは違うな、と思った。

小諸そば富士そばのような蕎麦つゆに、中華麺が入っているものを想像していた。そこのミスマッチに期待していたのだが、考えてみれば、ここは大阪。

関西風のつゆなのだ。
(小諸そばや、かつて新木場駅にあった湾岸そばでは、うどんを注文すると関西風のつゆで出す)

勝手に描いていたイメージだったことになるが、それを棚に上げて言えば、塩ラーメンを食べている感じだ。それにかき揚げが載っている、と。

チャーシュー入りだったらなおのことだったかもしれない。

これはこれでもちろん美味しかったのだが、勝手ついでに言えば、関東風の蕎麦つゆに浸った中華麺を食べてみたい。

今回の発端となった、冒頭の本によると、山梨や新潟など東日本にも、中華麺の駅そばはあるのだそうだ。

機会があれば、是非行ってみたい。