naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

人生の大きな節目

3月31日をもって、現在の勤務先を退職することになった。

 

現在63歳。

 

3年前の3月末、60歳で定年退職を迎えた後は、1年間の任期を更新する形で勤務を継続してきたのだが、それが満了する。

 

もっとも、4月以降、「毎日が日曜日」になるわけではなく、グループ会社に勤務することが決まっており、第二の会社人生がスタートする。

 

3年前は、定年で退職とは言っても、翌日以降も同じ職場で引き続き同じ仕事をする形だったので、特段の感慨がなかった。

 

しかし、今回は違う。

 

1978年(昭和53年)4月1日に入社して以来、丸41年勤めた会社から離れるわけで、これはやはり大きなことだ。
(一度、社外に出向した経験があるが、出向の場合は本籍地としての所属企業は変わらないわけで、それとも大きく違う)

 

65歳までは今の勤務先にいるものと、何となく思っていたので、今回の件の内示を受けた時には少々驚いたが、自分で勝手にそう思っていただけで、このような異動はもちろんありうることだ。

 

残り1ヶ月。後任者への引き継ぎも含めて、しっかり勤め上げなければ。

 

※過去の関連記事
    アラ還
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/61389689
    定年の感慨まったくなし
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/65244417
    定年の日。38年前のこと。
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/65251162