naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

謎の定期券紛失

昨10日(月)、定期券をなくした。

昨日の勤務は、三軒茶屋の方の会社。

午後の会議が終わって、会社を出た。

外は大雨。梅雨だから雨は仕方がないとは言え、朝からかなり強く降っており、そして風も強かった。

渋谷駅までバスに乗るべく、最寄りのバス停に向かった。

やってきたバスに乗り込み(前乗り方式である)、スーツの左の内ポケットからSuica定期券を出して、読み取り機にタッチ。

奥に行こうとしたら、運転手さんが、「読み取り感知しなかったんで、もう一度お願いします」と呼び止める。

あ、そうなの? すみません、と再度タッチしたがだめ。

手元の定期入れを見てみると、あれ? 

定期券が入ってないじゃないの!

何故?

だって、朝、出社する時、渋谷駅からこのバス停(通りの向かい側だけど)まで乗ってきたんだから、そこまでは持っていたわけだ。
(注;これについては、末尾に追記あり)

定期入れはこれ。本来はここに定期券が入ってるんです。

イメージ 1


後ろにお客さんが続いていたので、取り急ぎ現金を入れて座る。

バスが走り出してから、スーツの他のポケットを探ってみるが、ない。

どうしたことか。

まさかと思い、鞄の中も見てみたが、もちろんあるはずもない。

乗り込む時に落としたのか? 信号で止まったところで、運転席の脇、乗車口のところを見に行った。

何も落ちていない。

運転手さんとちょっと話したら、乗る前に落としたんじゃないですか、と言う。

そうなんだろうか。

下りて、見に行くことにした。

乗ってから3つ目の停留所で下り、取って返して、歩いて戻った。雨の中を歩くにはちょっと辛い距離だった。

やっと、乗った停留所に着いた。

あるだろうか。

バスに乗り込んだあたりをのぞきこむが、落ちていない。

折からの強い雨で、路面を雨水が川のように流れている。もしかして下流の方へ流されたか、と通りぞいに歩いて見てみるが、見当たらない。

断念した。

やってきたバスに乗り込み、また現金を投入して、渋谷駅へ。

みどりの窓口に行き、紛失を申し出た。

窓口の女性が、確認のために定期券の区間を尋ねてきたので答える。さらに身分証明で本人確認の上、端末をたたいて、定期券を無効にしてくれた。チャージ額(この日の朝、1万円チャージしたばかり(笑))も、もう使えないとのこと。

これで、とりあえず安堵できた。

再発行に必要な、切符のようなものをもらって出た。

再発行は翌日以降になるそうなので、家に帰るには切符を買わなければならない。うー。

渋谷から千葉までの運賃が、800円であることを、初めて知った。

それにしても、この紛失、考えてみれば腑に落ちないことがある。

実は、定期券を紛失したことは、2006年9月、2011年9月と、過去2回ある。いずれの場合も、定期入れごと紛失したのだが、今回は違う。上の写真の通りで、定期入れはポケットに入っていて、中のSuica定期券だけがなくなった。

この定期入れ、裏返すとカード類を入れられるようになっていて、Tポイントカードなど、よく使うカードを4枚入れている。

イメージ 2


少し前に、朝、千葉駅で改札をくぐった時に、そのポイントカードの中の1枚がすべり落ち、気づかないでそのまま歩いていたら、拾った方が追いかけてきて下さり、事なきを得たことがある。

しかし、反対側の定期券を入れる部分は、それとは違って、カード全体が覆われており、はずみでここから脱落することは考えにくい。まあ、差し込み口を下に向けた形で持って、振ったりすれば、落ちるかもしれないが、その場合は、裏側のポイントカード類の方もバラバラと落ちるはずで、気がつかないはずはない。

この定期券を自分で定期入れから抜き出すことがあるかと言うと、以前は、チャージをする時に出し入れしていたが、今は、定期券を挿入するのでなく、定期入れごとトレイに置くタイプのチャージ機を利用しているので、そういうこともない。

また、チャージの他には、定期券を定期入れから抜き出す必要はまずない。この日も、もちろんそんな場面はなかった。万万が一抜き出したにせよ、用が済めば戻すはずだ。

朝、バスを下りてから、夕方、なくなっているのに気づくまでの間は、昼食に出かけたのを除けば、ずっと会社にいたし、そのほとんどの時間は、普段通り左の内ポケットに定期入れを入れたままのスーツを着ていた。社内で定期入れを取り出す必要などは、無論ない。

こういう状況なのに定期券だけが消えてなくなっている、というのは、考えるほどに狐につままれたよう話なのだ。

あたかも、意図を持って定期券だけが抜き取られたかのような現象と言える。

うーん、わからんなー。

意図を持って、というと、あるいは、朝、バスに乗っていた間に掏られたのか? 確かに少し混んでて、立って乗ってたし、途中のバス停で乗り降りもあって、人との接触もあったな。

それかな。朝、バスを下りて出社した時点では、もうなかったのか? その可能性はあるな。

だとすると、昼休みに、コンビニなどでSuicaを使って買物をすれば、ないことにそこで気づくところだが、昨日はそういう場面もなかったから、帰りのバスまで気がつかなかったのか。

そうだとしても、瞬時にこの定期入れから定期券だけ抜き取るとは、すごい技術だ。

でも、掏るなら、定期入れごと持ってった方がラクだよなあ。

それに、もう一方の内ポケットには財布が入ってるんだけど、そっちには手を出さなかったってのもなあ。

うーん、わからんなー。

ともかく、一夜明け、今朝、JR千葉駅。

幸いにも早朝6時からみどりの窓口は開いており、無事に再発行してもらえた。

チャージも無傷の様子。Suicaは安全だね。

昨日の帰り、今日の行きと、いらぬ現金支払いと、再発行手数料はあったものの、この程度で済んでよかった。

これが、財布を落とした、とかだったら大騒ぎだったはずだ。

※過去の関連記事
    定期券紛失
       https://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/41203329.html
    定期券見つかる
       https://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/41280950.html
    紛失定期券を引き取り
       https://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/41323273.html
    あれ、定期券がない…
       https://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/62529178.html
    定期券再発行してもらいました
       https://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/62531825.html

<追 記>


今日11日(火)の会社帰りに、Suicaの使用履歴を印字してみた。

そうしたら、驚くことに、昨日の朝乗ったバスでの使用履歴がない。
(三軒茶屋の会社へのバスは、定期券でなく実費精算なので、Suicaで乗っている)

渋谷駅でJRの改札を出た記録はあるが、その次の行は、けさの紛失再発行の表示になっている。
(西新宿の会社への定期券は千葉から新宿までで、三軒茶屋へ行く時は、代々木で山手線に乗り換えて渋谷まで行くので、代々木-渋谷がSuica引き落としになる)

つまり、昨日の朝、渋谷駅から出社したバスの段階で、定期券は感知されていなかったことになる。その時の運転手さんが、帰りのバスの運転手さんと違って、それを見とがめることがなかったのか、呼び止められたが私が気づかなかったか。

ともかく、昨日の行きは、記録からすると、無賃乗車をした形になっている(後日精算せねば)。

とすると、ですよ。

上記の、「朝、出社時にバスを下りた時点まであった定期券」が、その後、帰りのバスに乗るまでの間になくなった、というのは間違い、ということになるわけですよ。

改めて振り返ると、渋谷駅の南改札を出たところまでは、定期券はあった。記録にあるのだから間違いない。

で、その後というと、改札から表に出たすぐ目の前に会社へのバス乗り場があるのだが、バスはいなかったので、雨の中、傘を差して並んだ。10人くらいの列だっただろうか。

数分待った後、来たバスに乗ったわけだが、この時点で、定期券は既に定期入れから消え失せていたことになる。

バス待ちの列から乗り込んだだけなので、人との接触はなく、掏摸説の可能性はほとんどない。

こうなると、ますます狐につままれた話なのだが・・・。

いずれ真相は判明するのだろうか。