naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

紀尾井ホール室内管弦楽団第117回定期演奏会

22日(土)、紀尾井ホール室内管弦楽団を聴きに行った。


日 時 2019年6月22日(土) 13:30開場 14:00開演
会 場 紀尾井ホール
指 揮 鈴木 雅明
管弦楽 紀尾井ホール室内管弦楽団
ソプラノ 松井 亜希
テノール 櫻田 亮
バリトン 与那城 敬
曲 目 モーツァルト 交響曲第29番イ長調
     バルトーク 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽
     ストラヴィンスキー バレエ音楽「プルチネルラ」(全曲)

新木場から有楽町線に乗り換え、麹町で下りてホールに向かった。

歩いていると、前方に傘をさした女性が二人。すっと追い抜いたが、その先で信号待ちをしていると、呼び止められた。元浦安オケの団員で、今もマウントあさまや松本モーツァルト・オーケストラなどでいつも一緒に演奏しているMちゃんとお母様であった。びっくり。

今回の演奏会のチケットを買ったのは、バルトークが目的だった。この曲は一度実演で聴きたいと思っていたので。

私の席は、2階C4列20番。

最初は、モーツァルトの29番。

モーツァルトのシンフォニーで、好きな曲ベスト3を選ぶとすれば、この29番はその中に入る(他は38番と41番)。この曲が聴けるのも楽しみだった。

弦は、7・7・6・4・2の対向配置。

1楽章は、速めの心地よいテンポ。この楽章は、スウィトナードレスデンのレコード、あるいは晩年のベームウィーン・フィルの録音、実演のように、遅いテンポで演奏してこそ生まれる味わいもあるが、こうした速いテンポもありだと思う。

弦は、ノン・ヴィヴラートの徹底した指示はないようだが、かなりヴィヴラートは控えめ。木綿の手ざわりである。

かつてこの指揮者で聴いた、「メサイア」を思い出した。

両端楽章の後半のリピート、メヌエットダカーポ後のリピートは実行された。

ところどころで、独特のアクセントや溜めが聴かれた。

舞台転換の後、私にとってのこの日のメイン、バルトークである。

ステージ奥に打楽器奏者4人。

その前、中央に下手側から、ハープ、ピアノ、チェレスタ

その左右に、2群の弦楽器。それぞれ4・3・3・2・2の編成だった。モーツァルトのメンバーが2つに分けて、コントラバスが1本ずつ増強された形だ。

バルトークのこの曲は、私がクラシック音楽を聴き始めて、最初に接した近現代の音楽だった。

高校3年生の時、ライナー=シカゴ響のレコード(RCAの1,000円盤)を買って聴いた。近現代の音楽の中から、何故最初にバルトークを、またバルトークの中でもこの曲を選んだかと言うと、曲名にチェレスタとあったからだと記憶する。「くるみわり人形」は既に知っており、そこで使われているチェレスタが、近現代の作曲家によってどう使われているのか、知りたかったからだと思う。

当時の私としては、初めて聴く「現代音楽」という感覚だったが、ライナーのレコードを聴いて、気に入った。特に覚えているのは、4楽章の終わり、曲締め直前の、楽章冒頭のテーマがゆったりとひろがってピアノ・コンチェルトのように盛り上がる部分だ。未知の「現代音楽」だったが、「腑に落ちた」というか、「理解できた」という感覚があった。

そんなこの曲を、初めて実演で聴くことができた。

静謐に始まり、うねりを増して行く1楽章を聴いていて、ふと、ベートーヴェンの作品131の弦楽四重奏曲の1楽章を思い出した。

これまで、半世紀近く、ずっと録音で聴いてきた曲だが、やっぱり実演でないとわからないことがたくさんあると思った。

この曲の場合、実演で「聴く」だけでなく「観る」ことでも得るところが多い。

2群の弦楽器の使われ方、個々の打楽器の使われ方。

これは、1階前列の席とかにいたのでは、わからないな。2階席からステージ全体を見下ろす形でないと。

打楽器奏者の演奏を観ていて、もうだいぶ以前、さだ(まさし)さんのコンサートで(バックが「亀山社中」の時代)、宅間(久善)さんが、さまざまな打楽器を効果的に使っていたのを思い出した。

チェレスタ奏者が、曲の一部でピアノの前に座り、連弾の形で弾く場面があったが、そんな楽譜になっていたんだ、と驚いた。これも実演で観てこそだ。

とにかく、実に面白かった。

2楽章については、もう少しバーバリックな迫力があっても、と思ったのと、4楽章に、もう少し弦の量感がほしかったと思った。弦の人数がもう1人か2人ずつ多くてもよかったのではないだろうか。

休憩後は、「プルチネルラ」。正直、バルトークが聴けたので、個人的には付け足し、という感じだが、この曲も実演に接するのは初めてだ。

曲自体も実はよく知らない。

休憩の間にステージの配置が変更されていた。木管は、フルート、オーボエファゴット2本ずつ。ホルン2、トランペット1、トロンボーン1。打楽器はなし。

弦は、コンチェルト・グロッソの形態のようで、指揮者の前に、弦楽四重奏が座る。これとコントラバスのトップ奏者がソロ群。リピエーノは、4・4・4・3・3。この曲は対向配置でなく、ヴィオラは中配置。

歌のソリストの座る椅子は、舞台下手側に3つ並べてあり、曲が始まった時には無人。以後、出番になると袖から出て来て歌い、座った。

歌手だけでなく、オケの楽員もからむ形の芝居的な動作もあったが、バレエの筋に不勉強なため、よくわからなかった。

ペルゴレージの曲に基づいているとのことなので、あの「春の祭典」や「火の鳥」を書いたのと同じ人の作品とは思えない(レスピーギの「ローマ三部作」と「リュートのための古風な舞曲とアリア」を想起させられる)。作曲というよりは、編曲に近いのかもしれない。

ともかく、聴きやすい音楽だ。聴いてもいいが、弾く方が面白いかもしれない。

演奏された3曲の中では、このストラヴィンスキーが一番客席を沸かせていた。

アンコールはなかった。

※過去の関連記事
    バッハ・コレギウム・ジャパン「聖夜のメサイア
       https://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/21222811.html