naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

「ユネスコ・チャリティコンサート」本番終了

3月10日(月)、勤務先の企業グループのアンサンブルの一員として参加した、「ユネスコ・チャリティコンサート」の本番が終了した。

勤務先企業グループの従業員で構成されるアンサンブルには、2010年から参加している。

我々のアンサンブルの本拠地近隣のA生命と合同の形での、チャリティコンサートだ。

昨年も同様の演奏会を行ったが、これには参加しなかったので、今回が初参加。

本番会場は、A生命の社屋、1階ロビー。

演奏者は3グループに分かれている。

「風の仲間」というユニット。桐朋学園大学の在学生、卒業生だそうで、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、フルートの編成。

それから我々のアンサンブル。総勢9人。

そして、A生命有志の皆さん。総勢10人。

プログラムは、以下の通り。

●第1部 風の仲間

   ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡より)
   アルルの女よりメヌエット(ビゼー)
   朝の歌 行進曲(エルガー)
   チャルダッシュ(モンティ)
   「間奏曲」カヴァレリア・ルスティカーナより(マスカーニ)
   アンネンポルカ(J.シュトラウスⅡ)
   ハンガリー舞曲第6番(ブラームス)
   花は咲く(菅野よう子)

●第2部 我々のアンサンブルとA生命有志の皆さん

   愛の挨拶(エルガー)  ピアノ独奏
   汽車は走るよ(中田喜直)  ピアノ連弾
   無伴奏チェロ組曲第1番より「プレリュード」(J.S.バッハ) ギター独奏
   愛のロマンス~映画「禁じられた遊び」より(スペイン民謡) ギター独奏
   忘却(ピアソラ) ファゴットとギター
   リベルタンゴ(ピアソラ) ファゴットとギター
   平均律クラヴィーア曲集第1巻より第22番変ロ短調(J.S.バッハ) 金管アンサンブル
   トロンボニズム(戸田顕) 金管アンサンブル

●第3部 合同演奏

   ひこうき雲(荒井由実)
   タイム・トゥ・セイ・グッバイ(フランチェスコ・サルトリー)

私は、第3部の合同演奏2曲に参加。ヴィオラは、A生命の方2人と私の3人だった。

開演は18:15。

その少し前にA生命ビルに到着し、控え室に案内された。

しばらく個人でさらう。
合間に、演奏会場をちょっとのぞいてみた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


ぶっつけ本番という話だったが、控え室で事前リハーサルをしようという話になり、予定の2曲を何度か合わせる。

やがて時間が来て、演奏会場へ。

本番演奏には、風の仲間の皆さんも加わる。

風の仲間の皆さんの後方に立って演奏する。

この形ではぶっつけ本番だったが、風の仲間のヴァイオリンの方がザッツを出して下さったので、とても演奏しやすかった。

演奏終了後、司会の方からメンバー紹介。

そして、記念撮影も。

予定より時間が押して、20時前に終演となった。

2曲だけの出番は、ちょっと物足りなかったかな。

その後、近くのビルの地下にある居酒屋で打ち上げ。

今回初めてご一緒した、風の仲間の皆さん、A生命の皆さんとも色々話すことができた。

このチャリティコンサートは、来年以降も続くようだ。A生命の皆さんとのご縁、大切にしていきたい。

また、我々のアンサンブルは、このところ開店休業状態で、自前の演奏会が開けていないが、これを機会に、今年は何かやりたい、との話も出ていた。