naokichiオムニバス

65歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

読書

「kotoba」最新号に大学オケ仲間の寄稿を見つけた

7日(月)、A社(西新宿)勤務の帰りに、新宿駅西口近くのブックファーストに立ち寄った。通勤ルートにある書店の中では最大で、最も立ち寄りやすい場所にある。 入ってすぐの雑誌の平積みコーナーを見ていて、「kotoba」(季刊。集英社)が目に入った。 昨…

江口寿史「彼女」

11日(木)、注文しておいた江口寿史氏の新刊、「彼女」が届いた。 「初の美人画集」とされている。 女性しか出てこないようだ(いつもそうか)。 また宝物が1冊増えた。(このブログに書くのを失念したが、昨年出た「RECORD」ももちろん買った) それはともかく…

全部、さだ。

CCCメディアハウスの「pen+」の最新刊が、さだ(まさし)さんをテーマとしている。 「全部、さだ。」というタイトルが面白いし、おそらくコンサート会場での撮影と思われる表紙の写真もさださんらしい。 まるごと1冊、端から端までさだまさし。充実した内…

千葉市市制施行100周年

千葉市は、1921年(大正10年)1月に市制が施行され、今年ちょうど100周年を迎えた。 「千葉市市制施行100周年記念誌」が発刊されたと聞いたので、千葉市民としては是非買わねばと、今日2日(火)、在宅勤務の合間に中央コミュニティセンターの中にある市政情報室…

水島新司氏引退

昨1日(火)、水島新司氏が引退を発表した。大変残念なニュースだ。 けさのスポーツ紙の多くが、一面で扱った。 スポニチは、3面にわたって取り上げている。 水島氏には数多くの野球マンガを読ませてもらってきた。 私の場合は、特に「ドカベン」と「あぶさん」…

東村アキコ「東京タラレバ娘」読了

東村アキコの「東京タラレバ娘」全9巻を読み終わった。 読み始めれば止まらない面白さだったが、もったいないので一気に読むことはせず、時間をかけた。 東村アキコという漫画家を知ったのは、「ビックコミックスピリッツ」連載の「雪花の虎」だった。 きれいな絵…

「スピリッツ本」!

昨30日(金)、会社帰りに西新宿のブックファーストに立ち寄った。 新刊の「ショパンの事件譜」(あおきてつお)の6巻を買うのが目的だったが、それを探していて見つけたのが、これ。 「スピリッツ本」! この、小学館の「漫画家本」シリーズは、これまでに「島本和彦…

祝 「ビッグコミックスピリッツ」創刊40周年

「ビッグコミックスピリッツ」が、本日5日(月)発売の最新号で、創刊40周年を迎えた。 おめでとうございます。 「スピリッツ」には、色々な思い出がある。 1980年の秋、「第3のビッグ」というキャッチフレーズで、創刊号が発売された時のことはよく覚えている。 …

国立三角駅舎物語

「国立三角駅舎物語」という本が出たことを、「くにたちNAVI」というサイトで知った。 https://kunimachi.jp/topics/kunitachisankakuekishamonogatari/ 国立市観光まちづくり協会が発行した本で、大学通りの増田書店で売っているという。 旧国立駅舎もオー…

「ナンバー」1,000号

文藝春秋社の、「スポーツ・グラフィック ナンバー」が、26日(木)発売号で、創刊1,000号を迎えた。 1980年の創刊の時のことは今でも覚えている。 新しいスポーツ誌の創刊、ということで、大々的な事前宣伝が行われた記憶がある。 1980年というと、私は25歳にな…

相談役島耕作

今日22日(木)、昼休みに入ったコンビニで。 「モーニング」の最新号表紙に、島耕作の顔。 島耕作も年取ったなあ、と思いながら目をやったら、その脇に、「相談役」の文字。 え? 相談役? よく見ると、「新連載」とある。 あ、会長シリーズが終わって、相談役にな…

「スピリッツ」通巻2,000号

「ビッグコミックスピリッツ」が、今日29日(月)発売号で、通巻2,000号を数えた。 裏表紙。 巻頭のグラビアページに、創刊号の表紙が載っている。 そうそう、「第3のビッグ」として創刊したこの表紙、記憶にある。1980年のことだった。私は25歳だった。 以後、今…

「YOU」最終号

月刊誌「YOU」(集英社)が、10月15日(月)発売の11月号をもって休刊した。 本日のネット上の報道 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000338-oric-ent 最終号の表紙。 綴じ込み付録の「FOREVER with YOU」。「YOU」の歴史や、各作家…

「ドカベン」最終巻全面広告

昨7日(金)、「ドカベン ドリームトーナメント編」の最終巻となる、第34巻が発売された。 これに伴い、朝、電車の中で、スポニチをめくっていて、その全面広告を発見。 おー。 出社後、目にしたネットのニュースによると、同日のスポーツ各紙には、この全面広…

これは便利~スポーツ観戦手帳

昨10日(金)、日本橋の丸善で、スポーツ雑誌のコーナーに、こんな書籍が平積みになっているのを発見。 「スポーツ観戦手帳」。 陸上、水泳に始まり、全部で60種類の競技について、観戦のポイントやルールが書かれている。 こういう本って、ありそうでなかった気…

「ドカベン」最終号

木曜日。 「ドカベン」最終回を掲載したチャンピオンが発売された。 朝、最寄り駅のコンビニで購入。 こちらは、けさのスポニチ記事。 今さらだが、明訓高校は、3年間で1回しか負けていないんだなあ。 私は今、コミックでフォローしているので、この号は読み…

「ドカベン」完結

21日(木)、一般紙、スポーツ紙で、水島新司氏の「ドカベン」(週刊少年チャンピオン)が、28日(木)発売号で完結するとの報道を見た。 「ドリームトーナメント編」は、既にかなり前から決勝戦に突入しているが、いよいよ決着のようだ。 (毎週発売の本誌は買っておら…

1977

本日4日(月)発売のビッグコミックスピリッツ。 裏表紙を見たら、右上に、「通巻NO.1977」と表示されている。第39巻第30号。 通巻2,000号も近いが、それ以上に、「1977」という数字に反応してしまった。 1977年(昭和52年)と言えば、私は大学4年生。就活の年だっ…

新しい音楽マンガとの出会い~青のオーケストラ

ふとしたことから、「青のオーケストラ」というマンガを知った。 阿久井真作、裏少年サンデーコミックス。 既刊3巻を買って読んだが、非常に面白い。 千葉県立海幕高校という高校のオーケストラが舞台だ。 県立幕張総合高校のオーケストラ部を取材して描かれ…

バッハ先生と1000人の子どもたち

同じマンションの別の階に、T氏という知人がいる。 日頃、音楽関係の活動で交流があるのだが、少し前に、T氏との間で、千葉県少年少女オーケストラや、その音楽監督である佐治薫子先生のことが話題になった。 その折、T氏が所有している、「バッハ先生と10…

最近買って読んでいる楽しい本

ほぼ毎日、丸善日本橋店に行っている。 最近買った本の中から。

お砂糖、いくつ?

酒井順子著「ズルい言葉」(ハルキ文庫)。 日常の何気ない一言について、論評する面白い本だ。 今しがためくっていたら、「お砂糖、いくつ?」という言葉について書いたページが出てきた。 昔のドラマのDVDを観ていたら、喫茶店でコーヒーを飲むシーンが出てき…

これ間違って買う人、絶対いるよなー~「岡田奈々写真集」

オケ練前に立ち寄った、有隣堂アトレ新浦安店の、写真集の棚。 この「岡田奈々」の写真集って、私の世代にとって懐かしい、昭和のアイドルの方。 「青春の坂道」、「手編みのプレゼント」の岡田奈々、ね。 AKB48の岡田奈々の写真集だと思って買う人、絶対いる…

「ビッグコミックスピリッツ」通巻1,900号

会社帰りの電車の中、毎週買っている「ビッグコミックスピリッツ」を読み終え、裏表紙を見るともなく見たら、左上に「1900」の文字。 通巻1,900号なんだ。 脇には「第38巻第21号」との表示もある。 気がつかずに捨ててしまってもおかしくないところだが、記念すべ…

プリンちゃん、今度は禅。

今日10日(日)午前、月1回のオケの運営委員会に出席し、午後の練習に行く前、アトレ新浦安の中にある有隣堂に立ち寄った。 店内をぶらぶらまわっていたら、愛するプリンちゃんの顔が目に止まった。 「ポムポムプリン 毎日がうまくいくちょっとしたコツ」 帯に…

江口寿史全イラストレーション集「KING OF POP」

9月30日(水)、銀座コアのブックファーストで、江口寿史氏の「KING OF POP」を買ってきた。 ツイッターで江口寿史氏をフォローしているのだが、その中で、このイラストレーション集の発売を知った。 私の場合、江口寿史という人を知ったのは、「すすめ…

漫画の国内発行部数ランキング

「ONE PIECE」(尾田栄一郎)が、「1人の作者が描いたコミック累計発行部数が世界最多」として、ギネス世界記録に認定されたそうだ。 昨年末時点で、3億2,086万6,000冊が発行されたとのこと。 この漫画は読んだことがないので、個人的には、ふうん、くら…

何だ、これは?~ポムポムプリンの「パンセ」

毎月、「ダ・ヴィンチ」で、新刊書籍をチェックしている。 昨日、文庫、新書のページを見ていて、目に止まったというか、目を疑った本があったよ。 朝日文庫 ポムポムプリンの「パンセ」 何、これ? さっそく、書店に行ってさがして、発見。買ってきました。 こ…

「ぽっかぽか」最終回

「YOU」に不定期連載されていた、「ぽっかぽか」(深見じゅん)が、3月15日発売の最新号で最終回を迎えた。 買ってはあったものの、読みそびれていて、今日やっと読んだ。 表紙には、「連載28年 感動のグランドフィナーレ」とある。 28年ということは、1987年か…

散歩の達人~木更津、京成線MOOK

交通新聞社が発行している、「散歩の達人」。 毎号ではないが、特集が面白そうだと買う。 以前は、ある地域をめぐる特集を毎号組んでいたが、最近は、そこから離れて、「近場の温泉主義」、「理想の喫茶店」など、特定のテーマで特集が企画されるようになった。 20…