naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

受けてきました、PCR検査

今日4日(金)午後、PCR検査を受けてきました。

 

   PCR検査受けます
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/2022/02/03/231308

 

午前はA社(西新宿)で、行くはずだった広島の営業所の監査をテレビ会議で実施。

 

終了後、すぐ出て埼京線りんかい線京葉線と乗り継いで、検見川浜へ移動。

 

予約の14:30の10分ほど前に、検査場所の薬局に到着した。

 

まず、スマートフォンでQRコードを読み込んで、申込手続き。名前やメールアドレスなど必要事項を登録する。

申込を終えると、登録したアドレスに受付完了のメールが届いた。ちょっとびっくりしたのだが、これが「医療法人社団直悠会 にしたんクリニック」の名前なのだ。

 

郷ひろみと3時のヒロインの、にしたんクリニック。

(帰りの京葉線の車中にたまたま広告があったので撮影)

f:id:naokichivla:20220204193307j:plain

 

とにかく、申込受付が完了したので、検査を行う部屋に通される。

机と椅子が置かれた小さな部屋だ。

 

机の上には、行政への届出書類と、茶色い封筒に入った検査キットが置かれている。

f:id:naokichivla:20220204193608j:plain

 

綿棒を鼻に入れられる検査かと思ったら、唾液を採取する検査だった。

以後は、書類の記入、検査キットでの唾液採取、すべて1人でやって下さい、という話になった。

 

まず書類を記入。この書類を提出することで、無料で検査を受けられる。

 

次に、検査キットの封筒を開けて中身を出す。

こちらは正面の壁に貼られた作業手順。

f:id:naokichivla:20220204193801j:plain

f:id:naokichivla:20220204193740j:plain

f:id:naokichivla:20220204194714j:plain

 

赤い蓋が採取容器。水色はそこに唾液を流し込む漏斗。赤い蓋をはずして、そこに水色の漏斗をはめ込む。

 

まず水を飲め、との指示。電話で事前予約した時も、水筒やペットボトルで水を持ってきて下さい、と言われていた。検見川浜駅NewDaysで買ってきた水を飲む。

 

そして採取容器に2.5~3mlの唾液を流し込む。目の前に鰻重が置いてあるわけでもなく、よだれダラダラという状況にはほど遠い中、それだけの唾液を出すというのは、なかなか大変な作業。泡がなるべく入らないように、との注意書きがあるが、これは至難の業で、どうしても泡が立つ。

グラスに注いだビールの泡がおさまるのを待つような感じで、採取容器を机に立てて、しばらく待つ。

 

所定の量は採れたようなので、漏斗をはずして赤い蓋を閉め、名前を書いたシールを貼って、梱包材で包んで、送付用の段ボール箱に納める。

 

ここまでを1人で何とか終えて、部屋から出て、受付の人に、終わりました、と申し出た。

薬局側は、送付用の段ボール箱だけを受け取り、検査キットの封筒などは、すべてこちらで持ち帰って自宅で処分するように指示された。

 

検査結果は、一両日中に登録したメールアドレスに通知されるとのこと。

 

さて、8日(火)の鹿児島出張には無事行けるだろうか。