naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

今日の相撲放送

12日目のNHKのテレビ放送。
荒磯親方(元琴錦)と山口達也アナ。

岩木山阿覧の一番で、阿覧が無理な足技にいって墓穴を掘った。
放送席の二人は、そのことを声に出して笑った。放送の解説者とアナウンサーが、こぞって力士の相撲ぶりを笑う、というのは初めて聞いた気がする。
明らかに、阿覧をバカにした感じの笑いであり、しかも、結構長いこと、笑いかつ語っていた。
確かに、基本的に相撲を知らない阿覧らしい、意図のわからぬ足技ではあった。
それにしても、現役の力士に対して失礼なことだと感じた。

NHKの放送についてもう一つ。

勝ち越しを決めた力士を、次々にインタビュールームに呼んでいたが、これって必要だろうか。
幕内勝ち越し一番乗りとか、新入幕で勝ち越し、とかならわかるが、12日目、8勝4敗の勝ち越し力士を呼ぶ必要があるのかどうか。

さて、相撲。

今日、がっかりした力士ベスト3。

稀勢の里
張り差しで脇が空く典型的な相撲。格下の栃ノ心に中に入られてしまった。目を覆う相撲。
どうしてこの力士は、こう進歩がないのか。

琴欧洲
すっかり相撲が崩れた。先場所に引き続き、好調を維持していたのに、すっかり悪い時の琴欧洲に戻ってしまった。この終盤、明日横綱戦という日に、下位の時天空に負ける必要がどこにあるのか。絶対負けてはいけない、という意識があったがゆえなのか。

琴光喜
得意の右四つから、把瑠都の上手投げにきれいに転がされる屈辱。
確かに、把瑠都の相撲がよかった。今場所、進境をみせている右四つの相撲で、右四つ得意の上位者を上回る流れ。大したものだ。これで5大関総なめ。
琴光喜は、日馬富士戦もそうだったが、上体が高い。

全勝 朝青龍
1敗 白鵬
2敗 把瑠都

白鵬は、今日の相撲はよかった。日馬富士の左をひっぱりこんでつかまえた。投げでなく寄りで決めてほしかったが。
朝青龍は、依然崩れない。ここまでくると、全勝のまま千秋楽を迎える可能性が高くなってきた。