naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

合宿日誌~練習編 初日(2月9日) (1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 写真上から
   (1枚目)さざなみ11号。蘇我駅で。
   (2枚目)岩井海岸にはたくさんの民宿が。
   (3枚目)今年もお世話になった「川きん」。
   (4枚目)初見大会用の楽譜準備中。




1年ぶり、岩井海岸「川きん」へ

2月9日(土)~11日(月)、毎年この時期恒例、岩井海岸「川きん」で、2泊3日の合宿。

義父の七回忌から一旦帰宅、着替えて荷物を持って出かける。

蘇我から14:03発の内房特急さざなみ11号に乗って、1時間ほどで岩井に到着。

午後は天気が崩れるという話だったが、岩井に着いた時には晴れてさえいて、助かった(夜、ちょっと雨が降ったが、大したことはなかった。以後は最終日まで好天)。

岩井駅から「川きん」までは、歩いて10分余り。年1回しか来ないところだが、さすがに今回で4年連続となるので、道も憶えている。

とりあえず楽譜作業とアンサンブル

到着して、玄関脇の食堂に顔を出すと、既に数人の団員が集まって、何やら作業中。
明日の初見大会で演奏する曲の楽譜を、必要数コピーして揃えているというので、参加。大した手伝いにはならなかったが。

その後、配られて間もない「リエンツィ」のパート譜を製本し、小節番号も記入。

既に、管のメンバーは、ホールで分奏の最中。

弦は、夜の合奏に向けてそれぞれに時間を過ごした。
チェロのメンバーは、玄関を入ったところの和室で、ずっとチェロだけのアンサンブルをしていたが、弦楽四重奏の楽譜があるから一緒に、と声がかかり、ヴァイオリンのOさん、Kさん、Tさんと、ヴィオラの私が合流させてもらって、「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」の編曲ものなどで、しばらく遊んだ。

18:00、夕食。
あ、毎年恒例、食事の写真は、別途「食事編」として載せます。

そして、いよいよ公式練習開始。