naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

7月場所10日目

栃煌山豊響は、立ち合い栃煌山が組み止めにいった感じで左四つ。組んでは豊響もだめかと思ったが、栃煌山も左四つはやや勝手が悪いのか、攻められない。
前に出たのは豊響の方、両まわしを引きつけて向正面に寄りきった。
豊響は不得手の四つ相撲でよく勝った。一方、栃煌山の相撲はいただけない。

玉春日が、光龍をはたいて、10日目で初日。
必死の相撲。辛抱の相撲。よかった、よかった。

旭天鵬が、今日もよどみない流れ。立ち合い右四つに組むのが速い。上手をさぐりながら、すぐに前に出た。土佐ノ海は残せず。

岩木山は、立ち合い頭で当たって、左を入れにいったがはたせず、それでも前に攻め込んで出たが、栃ノ心は下がりながらも右を差して、土俵際残した。
右四つだと栃ノ心も力が出る。最初とれなかった上手もさぐってとり、そこからの引きつけがすごかった。重い岩木山をつり気味に寄って出た。
星は4勝6敗だが、やはり力はある。

鶴竜は、頭で当たって右を差すと、すかさず体を開いての下手出し投げで黒海を転がした。
鶴竜のうまさが光る一番だった。

豊馬将玉乃島は、互いに頭を下げての前さばきの中で、豊馬将が機を見てはたいた。
はたきではあるが、豊馬将としては悪い相撲ではなかった。

豪栄道は、立ち合いから低く密着して雅山に突かせず、両前まわしをとって、拝んで寄った。
豪栄道の持ち味が出た相撲。

稀勢の里若ノ鵬は、若ノ鵬が立ち合い右から張って、がばっと右四つにひっぱりこんだ。
若ノ鵬は上手充分だが、稀勢の里は不得手の右四つの上、上手が伸びた。
若ノ鵬が引きつけ、力強く西に寄り切ったかに見えたが、土俵際右足を踏み出した。
軍配は若ノ鵬にあがったが、物言い。映像で見る限りは、若ノ鵬の右足はかなり明瞭に勇み足と思われたが、協議は思いの他長引いた。
結局、稀勢の里の左かかとが先に出たとの判断で、軍配通りとなった。
勝負はどうあれ、若ノ鵬にはすり足での寄り方を教えるべきだ。

豊ノ島は、立ち合いすばやく左差し、右からおっつけながら青房方向に走った。安美錦は立ち合い右上手をとったが、攻める場面がまったく作れず。豊ノ島の出足の鋭さが光った。

琴欧洲は、過去1勝7敗と苦手とする若の里との一番。
考えてみれば、他にも、安美錦豊ノ島といった苦手を下位に何人も持つ状況で横綱昇進云々は、やはり厳しいものがある。「綱とり」は、NHK始めマスコミが仕立てた話ではあるのだが。
立ち合い琴欧洲は、少し左に動いて上手をとった。その後はどんどん前に出て、相手の引きに何とかついていったが、足の運びには危なっかしさがあった。
依然として、立ち合いが一定しない。

千代大海は、勢い込んで突いて出たが、栃乃洋が体を開くと、きれいに赤房方向にダイビングした。そこに誰もいなかった、という感じでカド番脱出ならず、3敗に後退。

魁皇普天王は、魁皇が立ち合い右から張って左四つ。互いに左差し、上手がとれない格好。
積極的に攻めたのは普天王で、左下手を引きつけ、右からおっつけて出ようとしたが、右の膝が入って崩れた。決まり手はまきおとしだが、普天王の自滅に近い相撲だった。

今日一番の好取組、2敗同士の琴光喜安馬の対戦は、安馬がやや作戦ミスか。
立ち合いのどわで突き起こしにいったが、差し身のいい琴光喜に対するのどわがまずかったと思う。脇が空いたところを、琴光喜に左を深く差され、さらに琴光喜がうまく後ろについた。
安馬は、昨日の相撲で傷めたという左膝の影響が少なからずあったようだ。明日はせっかくの白鵬戦だが、どの程度とれるか。

白鵬が、琴奨菊にちょっと不本意な相撲。勝負後、首をかしげていた。
立ち合い白鵬は右から張って出た。接触して左四つ。上手はとったものの、やや深い。琴奨菊は、左四つになれたことで、速い勝負を心がけたのだろう、右からおっつけてがぶった。白鵬は、やや土俵を下がり、苦しい感じがあった。しかし、その後は両まわしを引きつけて西へ寄り切った。
序盤はちょっと後手にまわった感じで、白鵬としては思うような相撲でなかったと思う。
それでも、横綱昇進後、初の初日からの10連勝。

全勝 白鵬
2敗 琴光喜
3敗 琴欧洲千代大海安馬旭天鵬豊響

琴光喜は、白鵬とはある程度戦えるので、何とかそれまで星二つの差をキープしたいところだ。
それにしても、2差は大きい。3敗組の誰かが白鵬を食えば面白いのだが、安馬の左膝のケガが、何とも残念。