naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

7月場所14日目

栃煌山が今日は自分の相撲。左右浅くのぞかせて光龍を一気に寄り切って勝ち越しはめでたいが、もう2番くらいは勝ってほしかったところ。

玉春日は本当によく攻めたが攻めきれず、北太樹にまわりこまれ逆転を許した。幕内残留が難しい11敗目。

旭天鵬木村山を右四つにつかまえて万全。9勝目。ぜひ2ケタ勝ってもらいたいところだ。木村山は負け越し。

黒海は左四つ右上手から向正面へ出足よく寄ったが、岩木山は土俵際のけぞりながら左下手をとって残し、その左を引きつけて青房下に寄った。7勝7敗と踏みとどまった。

土佐ノ海は右上手をとったが出島にふりほどくようにはたかれた。前半元気だった土佐ノ海だが、5勝2敗から7連敗。幕内残留が厳しくなってきた。

露鵬嘉風をはたいて終盤5連勝で勝ち越したが、この人の場合、つまらぬ相撲が時々ある。今日もそうした一番。

将司の突きをこらえた鶴竜が、左上手をとって右四つに持ち込み頭もつけた。右前まわしもいいところをとったのだが、ここからどういうわけか攻められない。鶴竜は、土俵の残りがあまりない場所で左をまきかえ、その後左四つに変わり、西黒房寄りに寄り切った。これで7勝7敗。いい形になりながら、勝負が遅かったのが、少々物足りない。

豊馬将豪風は、豪風が立ち合い押し込んだ。豊馬将は例によって一旦は下がりながらも、左右から突き返して正面に出て勝ち越し。

栃ノ心は、当たって右四つ。両まわしを引きつけて時天空を正面に寄り切った。勝ち越し。この形になると力が出る。

豊響は、今日も当たって押していったが、把瑠都が左を差し、長身を生かしてすくい投げでかわした。
豊響としては、押しにくい相手の一人か。
把瑠都はこれで9勝目。再三書いているが、同レベルの相手には巨体をメリットにして勝てても、常に受けの相撲では、上位に上がって通用しない。

若ノ鵬は、立ち合い左上手をすばやくとって正面に寄ったが、安美錦が相手の出足をうまく利用して右からの下手投げ。老練なうまさ。

稀勢の里は、過去5戦5勝の栃乃洋との一番、立ち合いすぐ右上手をがっちりとって、西へ寄って出たが、栃乃洋得意の左からの下手投げに崩れた。
やはり稀勢の里は、左四つからの攻めの形がよくない。相手の左については、頭に入れておかなければいけない。

豊ノ島は、立ち合いに差せず、朝赤龍が頭をつけ、互いに低く体勢を作ったが、豊ノ島はその後下から突き起こして出た。9勝目。
朝赤龍のしぶとさを、豊ノ島の力強さが上回った。豊ノ島には、うまさだけでなく出る力もついてきている。上位には本当に嫌な存在だ。

安馬は、豪栄道にうまく左を差されて前に出られたが、右からとったり気味の小手投げで転がして2ケタ。
安馬としては不本意な相撲か。

琴奨菊は、踏み込みよく雅山に押し勝ったが、雅山のまわりこみながらのはたきに落ちてしまった。
琴奨菊は、攻める中で、左を差す場面を作れなかった。これで負け越し。稀勢の里と並んで、今場所大いに期待を裏切ってしまった。
今場所の雅山は、力が落ちてきたと感じさせる場面が多かったが、これで勝ち越し。

千代大海若の里の一番は、立ち合いタイミングが合わず、千代大海は上体が立ってしまったが、それでも、右のどわからまっすぐ押して、今日は突き放すことなくそのまま押し出した。

琴欧洲は、明日横綱戦だけに、どうしても今日勝って2ケタに乗せたいところ。
しかし、相撲は魁皇。立ち合い魁皇が左四つに差し勝って、青房下に寄って出た。琴欧洲はこれを残したが、魁皇はすぐに右から思いきった小手投げでふりまわした。
琴欧洲としては、何もできなかったという一番。これが先場所の優勝力士か。

既に優勝が決まり、残る興味は白鵬の全勝だけとなった。独走で優勝を決めた以上は、全勝してこそ値打ちがある。明日の琴欧洲よりも、今日の琴光喜の方が難敵。昨年11月場所千秋楽、白鵬千代大海の休場で優勝決定後に、琴光喜に無様に投げられた相撲もあった。ここは締めてほしいところだったが、結果は白鵬の完勝と言っていい相撲。
立ち合い、左差し。琴光喜不充分の左四つに組み止めた。互いに上手がとれない。白鵬も左下手だけでは万全とは言えないが、それ以上にこの形では琴光喜は具合が悪い。
白鵬は、ここから相手の左下手を切ると同時に右をまきかえる。琴光喜も右をまきかえて右四つとなったが、白鵬が左上手をがっちりとって、琴光喜に上手を与えない。
琴光喜が抵抗しても、もうどうにもならない体勢。最後は、白鵬が上手投げ。相手を腰に乗せるようにして、膝をはらっての投げは、強烈だった。
今日の白鵬は、魁皇戦などと同様、常に相手の上、相手の先をいく相撲。琴光喜は、立ち合いから左四つに組み負けては、いかんともし難かった。
表面上は、琴光喜がまったく相撲にならなかったという印象はなく、熱戦のように見えたが、内容的には白鵬の完璧な相撲と言える。

三賞候補を予想。
殊勲賞は、優勝力士が全勝だけに、これといった候補がいないが、朝青龍に初日土をつけ、また最大の焦点だった琴欧洲にも勝っている豊ノ島くらいか。朝青龍が休場、琴欧洲が不成績なので、該当なしでもいいかもしれない。
敢闘賞は、豊響と、2ケタを条件に新入幕の将司あたり。
技能賞は、豊ノ島豊響といったところか。私としては朝赤龍の技能は高く評価しているのだが、三賞には星が物足りない。