naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

3月場所初日~両横綱万全のスタート

朝赤龍が先にいい形にくいついたが、栃ノ心得意の右四つになったのがまずかった。最初は与えなかった上手をとらせてしまった。こうなると、栃ノ心の方が力が出る。

高見盛は、左四つから休まず寄って、栃乃洋を白房下へ持っていった。栃乃洋も得意の左をのぞかせたが、高見盛の出足がよく、その左を使う場面がなかった。

豊真将が、おっつけながらよく前に出た。豊真将の攻めがよかったが、豊ノ島は、左ひじが痛いようだ。

安美錦は、玉乃島ののどわに押しこまれたが、下からあてがってもろ差しとなり、逆襲の寄り。力強い相撲だった。

把瑠都雅山を一気の押し。雅山も今では下り坂にあるとは言え、把瑠都の破壊力、おそるべし、という一番だった。

カド番の琴光喜栃煌山は、琴光喜が右四つに組み止め、まずまずという相撲ではあるが、右を差しながら、なかなか左上手をとれなかったのが物足りない。

場所前の稽古で前歯を折ったという日馬富士は、過去分の悪い琴奨菊との対戦。
前歯のことを考えたか、頭で当たらずに突き放しにいったが、琴奨菊日馬富士の両かいなを左右から抱え、きめるようにして出た。
日馬富士は、もろ差しにはなったものの、何かする形を作る前に琴奨菊に出られて、そのまま黒房下に寄り倒された。琴奨菊が前に前にと出たのがよかった。

鶴竜魁皇に厳しい攻め。魁皇は動き負け。相手の動きに翻弄されるばかりで、自分では何もできなかった。

千代大海は、北勝力を一気に押し出した。千代大海らしい押し。腕がよく伸びた。こういう相撲がとれる分だけ、同じロートル大関でも、まだ千代大海の方が魁皇よりは見るべきところがある。

琴欧洲稀勢の里の一番は、琴欧洲が立ち合い二本入れて一方的に寄った。琴欧洲は、立ち合い前傾姿勢だったのがよかった。一方の新関脇稀勢の里は、まったく期待はずれ。

白鵬は、立ち合い左前みつをとるのが速かった。理想的なとり方。すぐに引きつけて、豪栄道を青房下へもっていった。豪栄道は何もできず。

朝青龍旭天鵬は、朝青龍が立ち合いすばやく左を入れて、低く頭をつけ、右の前まわしは切られたものの、おっつけにかえて赤房下へもっていった。
万全。先場所の初日とは大違いだ。

横綱、甲乙つけがたい初日。琴欧洲把瑠都の明日以降にも注目したい。