naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

三浦大輔投手、打撃分野で王貞治超え

イメージ 1

20日(水)、横浜DeNAの三浦大輔投手が、東京ヤクルト戦に先発し、1打席目でヒットを打った。

これで、三浦投手は、23年連続安打を記録。

王貞治真弓明信伊東勤立浪和義らの22年連続を抜いて、史上5位タイの記録となった。

23年連続は、他に、張本勲衣笠祥雄門田博光川相昌弘の4人がいる。

この記録については、以前もふれたことがあるが、非常に面白いことだ。

22年以上連続安打の選手のリストを見ると、まあ当然のことだが、三浦投手以外は全員野手。

そんな中、通算安打118本(笑)ながら、堂々と史上5位のランクに顔を連ねたというのは、面白いだけでなく、実に立派な記録だと思う。

だって、まず投手としてそれだけの期間、一軍、一線で活躍しなければならないし、それも打席が多くまわってくる、先発投手であり続ける必要がある。

実際、この日の試合でも、8回を投げて被安打4、与四死球2、自責点0で、今季2勝目。

23年連続勝利も、史上3人目のプロ野球タイ記録だ。

ハマの番長、来シーズンも健在で、史上単独1位の24年連続勝利と、大島康徳に並ぶ、史上4位の24年連続安打を達成してくれるだろうか。

※関連の過去記事
    これは偉大な珍記録~ベイスターズ三浦大輔投手
       http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/64642422.html