naokichiオムニバス

68歳、ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

11月場所9日目

ふだんは地上波の本放送を録画して見ているが、出張で家を空けたため、深夜と早朝にやっている「大相撲幕内の全取組」で見た。
大相撲ダイジェスト」なき今、ありがたい番組だが、このタイトル、あまりにも芸がなさすぎるのではないか。
「ダイジェスト」は名乗れないにせよ、せめて「大相撲ハイライト」とかのタイトルをつけてもいいと思うのだが。

白露山駿傑にまたはたきねらいの相撲。
この人のめざしている相撲がまだよくわからない。
露鵬の方がまだまともな相撲だ。

栃乃洋は星が上がらない。
今日も左差しの自分の形になったのだが攻めきれない。こういう相撲が多いのが気になる。
幕尻で非常に苦しい星勘定だ。

十文字が7勝目。
めだった印象がまったくない人だが、力をつけてきたか。

栃乃花は今日もオーソドックスないい相撲。

高見盛はうまく右が入った。その後の寄りも昨日とは違って低く、差し手をつきつける形で快勝となった。
好調維持。

黒海垣添に攻め込まれたが逆転で星を拾った。
ほめられた相撲ではない。もう一つ相撲を変えればもっと上位でとれると思うのだが。

普天王初白星。相手の安美錦は膝が痛いか。

白鵬は完璧。
張ってすぐ右四つ、後の寄りも速かった。いつもこういう相撲がとれるといいのだが。

琴光喜が2敗。何とも言いようがない。
稀勢の里は確かによかった。左が入って一気に出たが、昨日の敗戦をまた帳消しにする(笑)相撲だった。
琴光喜は、張り差しに行ったが右を入れられずに差し負け、あとは下がって小手投げでは、全く見るべきところがない完敗。
基本的には立ち合いの踏み込み不足がある。
ここまでの優勝争いで、全勝の横綱を1差で追うポジションにいながら、相撲内容の不安定さ、当の横綱との合い口から、対抗馬になれるかは、あてにならないと思っていたが、やっぱりかという感じだ。
負けることは横綱でもあるのだから仕方がないが、負け方が悪すぎる。
特に琴光喜の場合は今場所は勝った相撲も内容を問われる状態なので、ここでの2差後退もやむなしということか。

一方琴欧州は万全。
安馬に入られることを徹底して嫌った。離れてとりきろうという意図が明確な相撲だった。
少し前、黒海露鵬白鵬といった、外国人の若手が台頭してきた時は皆横一線だったが、今ははっきり力が一つ抜けた存在になったことは間違いない。
稀勢の里との差もまだまだある。

魁皇は過去負けていない岩木山ということで余裕があったのだろう。はたきの相撲は内容今一つだが、カド番脱出は見えてきた。大声援を送る地元のファンには何よりだろう。

千代大海玉乃島に最後ははたいて勝ったが、そこまでの突きは本来のもの。
はたいて決めるのも本来と言えば言える(笑)。
2敗キープだが、横綱に勝って差を詰めることは期待できないし、そこまで2敗で行けるかどうかもわからない。

朝青龍旭天鵬に立ち合いすぱっと二本入っての楽勝。
ますます自在にとれている感じだ。
正面解説の錣山が投げの際に相手の膝をはたいたことを指摘していたが、うまいと言わざるを得ない。

さて、早くも星二つの差。
星二つの差で横綱が追う形だった先場所でも、最後は横綱の優勝。
まったく逆の今場所のこの展開では、もう99%間違いない感じになってきた。
追走する力士で横綱に勝てそうな人がいない。
盛り上がらぬまま、各種の記録だけが達成されるのでは本当につまらないのだが。